タグ別アーカイブ: 亀虫

★ ミカンが教えてくれること 、幸せのハイタッチ。

今季はミカンの収量が極小なため早くの終了を予想しておりましたが…。

12月中旬までに終わりそうです。

10キロ20キロのご注文を3キロ~5キロ内にお願いせざるをえない状況なのでミカンがイチジクに重なってしまいます。

芦屋のたこ焼き屋Barポルポさんの水曜マルシェ『ポル☆シェ芦屋』第61回目のイベントページを公開中!正月事始めの日の12月13日に開催です。

ポルポ広場の空間環境がほんの少し変化したので、毎月定番の出店者がほぼ揃っての回は今回が最後になるかもしれません。

次回開催以降の各出店者の週分け・曜日分けなどの詳細は決まり次第お知らせします。

第61回目ポル☆シェ芦屋 https://www.facebook.com/events/351791051959664/

インスタアカウントをお持ちの農援者さんは、ポル☆シェ芦屋をInstagram投稿キャンペーンのハッシュタグ「#憧れを日常に芦屋市」と一緒にシェアください。この期間の投稿テーマは『芦屋の秘密』です(キャンペーン詳細サイトはこちら)。

一枚目のミカン写真は収穫後すぐのミカンなのですが、

右側ミカンが一枚目と同じくのミカン、左側が乾拭き後のミカン。

皮が薄いので手に力が入り過ぎると簡単に破れちゃうパツンぱつんな彼ら。

「わざわざ拭かなくていいから」とよく言われますが、何せ約5か月も吹きさらし人生。

カタツムリのカピカピウンチと蜘蛛の巣の絡みだけじゃないので丁重に拭い取ります。

ミカンへの絡みといえば…。

ミカン場所あるある風景。今季も不定期に勃発公開中。

たいへんに派手な刹那の場面を見逃した時の、この、言葉にできぬこの気持ち!

野鳥vs.野鳥なのか、野鳥vs.カラスなのか、野鳥vs.イタチなのか、野鳥vs.野良猫なのか、野鳥vs.アライグマなのか。

もしかして野鳥vs.人間だったりして。

ミカン場所だけではなく果実場所ではよく目にするこの幸せのハイタッチ画に心躍らされます。

野鳥の羽毛劇画も含めての、フルーツパラダイス。

野鳥と人間といえば、気になっていた鳥猟ドキュメンタリー映画。

【鳥の道を超えて https://www.torinomichi.com

日本の渡り鳥の鳥猟世界、たいへん興味をそそられます。

ミナミアオカメムシ「フルーツパラダイス、鳥肌もんやで」

広告

★ ポル☆シェ 54ポル。

ソラマメ守護神アマガエル「午後は下り坂で雨と曇りと晴れ間があるっていう天気予報やけど、ソラマメ届けに行こうやないか!」

そやな、その子らはまだ連れて行けんけど大きい食べドキッ子を連れて行こうやないか!

5月10日水曜日、たこ焼きBarポルポさんの夕市~夜市マルシェ『第54回ポル☆シェ』に出店させていただきました。

食ッピングありがとうプレゼントのお花はシランでした♪

就食できた面々は、イチゴ、ソラマメ、アスパラガス、ニンジン、ほうれん草、レタス、ニラ、フキ、若採り玉ねぎ、木の芽の露地作物たち。

農援者さんに食ッピングいただけてこそ報われる露地健やかタフネス畑の恵みたち!完売御礼申し上げます!!

翌日早速、農援者さんからの軍資金で草刈機の燃料を職ッピングできました。

野良作業の根っこから支えていただいております、ありがとうございます。

ミナミアオカメムシ「めっちゃ楽しかった54ポルの中継写真ないって、どゆこと」

写真がございませんのごめんあそばせ。

久々にお顔を拝見できた農援者さん大勢回で浮き浮きし過ぎました。

54ポルの出店者は、京都から参戦の八百屋・有頂天晴果さん(毎週水曜出店中)、食べるお茶「れい茶」専門店の松茶商店さん、そして当畑の3店。

3店だと寂しそうな雰囲気が漂いそうですが、賑やかさ続いたのもポルポさんと農援者さんのおかげです♪

イチゴ「露地イチゴの旬の時期を忘れさせはしない(キリっ)!! 」

巷ではハウス栽培のイチゴ時期が強豪ですが、露地イチゴの旬は5月ですよ!っと。

旬の面白さ大切さ尊さの共有も絶やさずに。

次回、第55回ポル☆シェは6月14日(水)に開催です!

手帳やカレンダーに「ポルポるマーク」をよろしくお願いいたします★

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

テルってる畑。の Twitter や FacebookPage でも情報を投稿しております、フォローといいねよろしくお願いいたします。

以下、ポルポさんと出店者一同の情報となります。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆