タグ別アーカイブ: 人参

★ ポル☆シェ 53ポル。

ニンジンの収穫に取り掛かってすぐにアオバアリガタハネカクシ氏が視野に入りまして…。

作業速度を限界にまで落として動体視力はトップギアで引き抜き完了したニンジンとゴボウたち泥まみれ、わし汗まみれ。

採れたてホヤホヤ偽装ゼロたちで就食活動に励む食の祭典、たこ焼きBarポルポさんの水曜夕市~夜市『ポル☆シェ』、昨日4月12日は第53回目の開催でした。

阪神電鉄車内からは幻覚的に楽しめますぞ。

忘れがちな余暇娯楽「ちょっと寄り道気分」を存分に味わえるポル☆シェです♪

今回は出店仲間が少数でしたが、物足りなさご無用。

天然酵母パン・ヒカリノmutsu cafeさん。当畑のあまあっまミカンのピールを使っていただいている焼き菓子もございましてよ。

出店時間が1時間限定ですが、続々と完売しちゃうのでパン好きの御人はお早めにどうぞ♪

そして台湾の食べるお茶「れい茶」専門店の松茶商店の松本さんと、52ポル回での取材記事が掲載中の4月号『Bplatz (http://bplatz.sansokan.jp)』の松本さん♪

写真たっぷりのサイト記事は http://bplatz.sansokan.jp/archives/8477 です。

Bplatz読者アンケートへ松茶商店・松本さんの感想を届けるべきは、今!

反響が大きければ大きいほど夢広がる現実膨らむほくそ笑む。支持熱の見せ所でっせ♪

当畑はニンジン、三つ葉、ゴボウ、ドライフルーツシリーズのトゥルルンイチジク・艶かビワ・あまあっまミカンのヌーディ(皮なし)&ファッショニスタ(皮ごと)でございました。

今回は食ッピングいただいた方に先着で、スズラン/ムスカリ/菜の花の中からお好きなお花をプレゼント!を開催。

もちろんお花たちも摘みたてホヤホヤ♪ 農援者さんに喜んでいただけたようで嬉しい限り。

有頂天晴果さんの出店写真は撮れずじまいでしたが毎週水曜に出店中なので、ぜひ来週、再来週と途中下車かお立ち寄りいただけますよう。

昨日も風が冷たく寒い一日でした、まだまだ油断せず、寒暖差に気をつけたいですね。

いろいろな特技や趣味を持った方々がたくさん集うポルポさんのポル☆シェ、毎回楽しみにでなりませんが、次回もどんな面白い農援者さんとお話を耳に目にできるのかと期待が高まり続けております♪

53ポルもニンジン・三つ葉・ゴボウ全て完売いただき、ドライフルーツもたくさん旅立って行きました、ありがとうございました!

次回、第54回ポル☆シェは5月10日(水)に開催です!

ご予定に「ポルポるマーク」をよろしくお願いいたします★

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

テルってる畑。の Twitter や FacebookPage でも情報を投稿しております、フォローといいねよろしくお願いいたします。

以下、ポルポさんと出店者一同の情報となります。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ サークルC サンクス。

29日水曜に引っこ抜かれたニンジンたち。

鮮度偽装ゼロ、産地偽装ゼロという肩書きは橙色。

サークルCarrot、ありがとう。

根も葉も一欠片残らず食していただけているであろうニンジンたち、豊かな人生なり。

★ 心根に響くセトリ。

img_8842

引き抜き公演で体感する心根を信じ抜く躍動。

img_8843

前座はガラスの心を持つ若手屈指の実力派、

img_8844

黒仮面シンガー。

img_8845

研ぎ澄ませば聞き取れる煽り文句「度肝も抜くぜ」。

img_8846

ニンジンとダイコンをちょびちょび食べ尽くす3月ももう半ば。

3月11日と12日、東日本大震災の特集で、高校生たちの現在を取り上げた記事が特に印象に残りました。

将来の夢は廃炉ロボットをつくることと語っていた高校生に、誌面越しに体温が上がりました。

日々の現実を暮らしながら夢や理想を持てる世界であって欲しいと。

心根を豊かに育てて欲しいと。

img_8847

それでは代表曲で味わってください、♪ ちゃんと元気にお腹空いてるかい? ♪

心根に響く引き抜き一発屋たちのセットリスト中継でした。

★ くつろぎのモフモフ。

img_8683

ニンジンちゃんモフモフ。

img_8685

モフモフとくつろぐニンジンちゃん。

img_8684

触り心地に酔いしれながら根っ子の緩やかな激太りを待機。

img_8687

モフモフなニンジンが3Dプリンターで生産される日が来たら、キアゲハの反応や生態環境も気になるところ。キアゲハも3Dプリンターから誕生する日も来るのでしょうか。

バイオ3Dプリンターによる神経再生組織の開発ニュースからも色々と想像が膨らむモフモフ人参場所にて。

素敵にモフモフな週末を♪♪

★ カロチン艇。

朝から夕方頃まで雨模様で暖かだった金曜。

img_8599

この子は裂け目が少なそうだから収穫はまだ少し先にして、

img_8600

裂け目の激しそうなこの子を月曜からちょびちょびといただきました。

食べられるニンジンも残り5本を切り、いつ収穫しようかと食べるタイミングを熟考する日々。

img_8602

img_8604

img_8603

img_8605

img_8601

割れて裂けていようがニンジン。日焼けしていようがニンジン。

食べられる食材は畑にたんとあるんですが、人様にお渡しできるような面持ちは不在。

食材と商品の境目について多く考えさせられます。

この冬の雪害で、折れて出荷が危ぶまれていた特産『岩津ねぎ』が『雪折れ岩津ねぎ』として販売されるとの一報を目にし、雪で折れただけの食材を商品ではなく食材として流通させた姿勢こそねぎの大道。

「雪折れ」という言葉のイメージから、より一層美味しそうに感じるのは私だけでしょうか。

雪折れ岩津ねぎのような粋な対応が今後も増えるといいですね。

img_8606

商品圏まで遥か彼方なニンジン「カロチン艇」。

来週(もしくは再来週)のニンジンもどんなお姿か楽しみなり。

★ 07:55~08:20。

img_8307

今朝の雪化粧。

img_8308

昨日開催の『むこいこ祭り』報告と本日開催の『みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~』の告知を先にのところですが、更新は夕方以降になりそうです。

img_8299

そんなわけで、先に後追い生中継の雪化粧をお届けします。

img_8300

ほうれん草の雪化粧。

img_8304

にんじんの雪化粧。

img_8301

ダイコンの雪化粧。

img_8305

キャベツの雪化粧。

img_8298

トゥルルンイチジクの雪化粧。

img_8297

今朝07:55~08:20の雪化粧たちでした。

もう少し撮り溜めたかったのですが、霜焼けの足音が聞こえたところで切り上げました。

きっとすぐに溶けるに違いないとの予想を笑うように、9時台にも粉雪が舞った尼崎です。

★ 畑で七草探して七草粥を食そう会2017。

お天気予報が怪しかった1月7日土曜日、天晴れな晴天をいただき、また新たな『畑で七草探して七草粥を食そう会2017』の体験と思い出が誕生いたしました。

集まった七草探索家さんたちと採集できた七草は、

img_8198

スズシロ(大根/Japanese radish)、

img_8200

スズナ(蕪/turnip)、

img_8201

ゴギョウ(cottonweed)、

img_8199

セリ科のニンジン(芹/Japanese parsleyの代用です)、

img_8203

ハコベラ(ハコベ/chickweed)、

img_8204

ホトケノザ(仏座/Lamium amplexicaule)。

現代のホトケノザで代用です。キク科のタビラコは黄色い花です。タビラコ(田平子)を辞書で引くと「キュウリグサのこと」とあり、キュウリグサを調べるとムラサキ科だし花の色も極淡い水色と紫色なんですね。…うむ。やや、ややこしき(笑)。

なんとも言えぬ切なさに似た歯がゆさの残響が抜群に楽しい七草探し、七草探索家としての柔軟性も試される場でもあります。

その年に揃う七草をいただくのが当畑での七草基本姿勢です。

今季は草たちが暖冬で青々と輝いておりましたが、極寒の年には茶茶茶の茶で緑色の草があるかないかの場合もありますもんね(冬なので極寒でないといけないのですが…笑)。

七草探し中、ミミズの糞塊である陶芸作品の鑑賞に盛り上がったり、土壌の痛快話に爆笑したり。もちろん農的話以外でも談笑続きっぱなしの中、七草粥を盛り盛りいただきました♪

img_8210

七草たっぷり過ぎる七草粥2017。

img_8212

タンポポの花やホトケノザの花も散らし、名前存じませんが系の可愛い花や葉をそれぞれの感性で七草粥に添えたり散らしたり。

img_8213

七草粥「♪♪〜どんより溜まった身体の疲れや余分な毒素よさようなら〜♪♪」

大根、蕪、人参のおかげか食事感濃き七草粥となりました♪

img_8214

七草粥のあとは薫り高きお香茶をいただきました。

ミカンの葉、アップルミント少々、ローズマリー極少々のお香茶を、ビワの花に注がれてなんとも気品ある風味漂うお時間。

なんと贅沢なっ!と、あの雑多な畑で過ごすひととき、最高なり(笑)。よく笑いあったので締めは喉への労りキンカン。探索土産はあまあっまミカン。

七草探しの愉快さはやはり探索現場でしか味わえませぬ♪

掴み採られ引っこ抜かれた七草たちだけでなく、畑の作物みんなが耳を澄ましニヤニヤできる時間をいただきまして幸高き。

参加くださった七草探索家のみなさん、ぬくぬくな大笑いをありがうございました!

さて肝心のナズナ(薺/shepherd’s purse、俗称ぺんぺん草)ですが…。今年も不確か過ぎて断念となり、同じアブラナ科の白菜を代用しました。

img_8216

ナズナは春夏によく見るし草刈りでもたくさん刈っているのでどこかしらにいるはずなのですが、根元付近の葉の形を覚えとかねば…と、七草探しの度に呟いているという(笑えない笑)。

こ、今夏こそ、ナズナの葉の存在アリ!という報告をしたいなと白菜を見つめて思う七草探し解散後でございやした。

旧暦なら春の七草が難なく揃うところを、寒さに磨きがかかる1月7日に七草揃えられたことに天晴れ!です☆