タグ別アーカイブ: 収穫

★ ジャガイアの夜明け。

二紋型ナミテントウと迎えた満月の夜明け。

ジャガイア取締役のミミズたちとハイタッチ。

輝かしいメークインに目が眩み。

男爵棟の紋型ナミテントウと祝うジャガイアの夜明け。

ジャガイア2018春、男爵(左コンテナ)とメークイン(右)。

それぞれ12株ずつから。

これまでの実績が散々でしたから落胆なんぞ忘却の彼方。

収穫量は豊作ではないけれどジャガイア食卓を送る日々を得られたことが御の字です。

明けて本日は丸一日雨のようで。

小作と化してからは雨天は歓喜の一途。

そんな雨の朝に観た(昨夜録画していた)番組『ガイアの夜明け』は不動産融資の審査過程で金融機関が通帳の改ざん不正からお金儲けのためだけの違法建築まで不動産投資業界の真っ黒特集でした。

夜盗虫のカジカジ隠蔽に忍び笑うしかないジャガイア投資にはない不誠実さが際立っておりましたよ。

とはいえ、ミミズの裏切りもあるのかもしれないと考えると。

ミミズの不正を暴くには種をまき続けるしかないでしょうね。

広告

★ 埋蔵金。

株を掘り起こして洗い、もじゃもじゃの乳白色の根っこを散髪した埋蔵金。

畑にいる子たち全員が埋蔵金ですけど、掘り上げてはまた種芋を埋めて(植えて)はを繰り返す感覚が埋蔵金に最も近いかもしれませんね。

真夏の水不足で懸念していた大不作は逃れた様子に安堵です。

でも種芋捕獲はギリギリ間に合わせられるかどうか微妙なところ。

さて本日、カマキリ先生こと香川照之氏の元日特別番組『昆虫すごいぜ!inマレーシア』編を鑑賞しました!

昆虫愛に燃ゆる本物の情熱っぷりが海外編でも遺憾無く発揮されてらっしゃったので、その清々しさから口角最上になるほどの元気をいただきました。

ボクサーカマキリの手先の動き、最高でしたね〜♪

終盤に登場した昆虫ハンターさんの肥料袋か何かのビニール袋の半分切り簡単アレンジポシェットも魅力的でした。あれは虫かご代わりだったのでしょうか、気になるところ。

また再び身近な昆虫の放送を楽しみに待つとします。

本年もまばゆい埋蔵金への目眩笑いを続けられますよう。

★ 水の踊り子ジンジャー、豊作に届かず。

初夏の背丈のまま耐え抜いた、水の踊り子しょうが場所。

7月から8月の雨不足で保湿大好き組のショウガ達も辛かったはず。

水やり作業が追いつかない時も少なくなかったので、夏場の気掛かり冷や汗はこうしてカタチになってしまいました、トホホ。

去年の約3倍もの作付け量に対し、収穫量は去年の約3分の1あるかないか。

種しょうがに貯蔵できそうなしょうがはごく僅か。

来季は種しょうがを買い足さねばなりまへん。

軽く40度を超える夏の日々を必死にくぐり抜けたちっちゃいちっちゃい生姜たち。

底なしの喜怒哀楽、最果てなし。

収穫できただけでも御の字です。

★ 愛と冒険のロロンファンタジー。

連日の天気予報では気温35℃超えですが、体感気温は40℃超えじゃなかろうか…。

コオロギが連日、バケツの中で浮遊しています。

夏の11時~16時はなるべく仮眠休憩を取りたいのに熱気がマグマ風呂過ぎて眠れましぇん。

意識はあるのに身体が動かないので、暑さを忘れられる内容の映画を鑑賞しました。

久しぶりに観た映画はウィル・スミス主演の『コンカッション(原題: Concussion, 2015年アメリカ)』。

アメリカンフットボール選手が脳に深刻な損傷を受ける危険性を一人の医師が発見し、犠牲者をこれ以上増やすまいと訴えるも……。実話をもとに作られた作品です。

個人的にアメリカンフットボールには一切馴染みがないのですが、スポーツ映画というより社会問題を深掘りした映画だったので試合のルールを知らずとも「つまはじきにされる真面目な医師 vs 底なしの利権と巨大組織」が終始淡々と描かれていました。

信念を貫き通す人のおかげでわずかな道理が保たれているんだなと、鑑賞後の余韻も沁み入り。

そんなわけでアメリカンフットボール型のカボチャ、「ロロン」がこちら。

アメリカンフットボールのボールよりもだいぶん小降り。

7月の下弦の小潮に収穫したロロンたち。(下弦の小潮=貯蔵収穫に最適期)

7月前半が高温高湿度で非常に辛かった記憶。

ロロンを収穫したこの時も身体が重くて重くて仕方なかったので、自分の身体の重苦しさよりもカボチャ収穫量が軽やかなことを笑うしかなかった記憶。

カボチャの花の中が凉み舞台のカエルも暑さのせいか見かけなくて寂し笑いの日々。

ロロンちゃん幼すぎる時代。

ロロンちゃん思春期。

ロロンちゃん愛の便り。

ロロンちゃん成熟期への大冒険では時々カエルが同乗したり。

2009年のディズニー映画『カールじいさんの空飛ぶ家(原題: UP)』も観ました。

犬と郵便配達坊やがいい味出ていたのと、カールじいさんがめちゃんこ憧れていた有名人に命を狙われる場面の恐怖と絶望の一瞬の表情が特段素晴らしかったです。

サウンドトラックの3曲目に収録されている「Married Life」が印象的だったので購入しました(アルバムまるごとではなく1曲だけ購入できる時代に感激色褪せず)。

カールじいさんの「Married Life」を聴きながら書いたカボチャ報告記。

『愛と冒険のロロンファンタジー』

ロロンちゃんの8月の食卓への旅立ち大冒険(=収穫)は14日~16日なり。

★ 予定の半分の半分の半分くらい。

梅雨解禁後、降雨なくカラカラのカラカラだった下弦の小潮(今月は16~18日)にジャガイモを収穫しました。

もともとが粘土質なため、収穫前後に降雨があれば表皮を傷付けないように掘るのが一苦労なところですが、超干ばつ時も掘るのが大変でございます。

どちらにせよ愚痴ってしまうのも平和呆け故、ですね。

左が男爵、右がメークイン。

こ、これで、ぜ、全部の、そ、総収穫量です。

これだけでもなんとか実ってくれた!と、汗だくなら思えるもんです(言い聞かせる、思い込む)。

ジャガイモ2017夏は、予定の半分の半分の半分くらいでした。

哀愁を超える哀愁を、収穫前の期待と願望に満ち溢れた『食いしん坊万歳絵巻』に追記すべきは「はじめに」にか「あとがき」にか、迷うところです。

近年、ジャガイモ栽培体験のおかげもあり、しょっぱくもわびしい場面のBGMが「ごろりんこ、ごろりんこ」という擬音語になりつつあります。

★ 二十六夜キャベツとカマキリ、大雨の前と後とか。

img_7113

久しぶりのカマキリの姿に目を細めてそのまま眠りにつきたかった8月28日の日曜日は二十六夜だったので、キャベツの種をポット蒔きしました。

img_7114

翌29日月曜の早朝にじゃがいもを植え付けました。秋ジャガは腐りやすいので切らずに丸ごとの植え付けです。といってもすで半分腐りかけていた2個は腐りかけの部分だけ切り落として植え付けました。この写真の後、小雨が始まったので大急ぎで土盛り盛り。

img_7123

じゃがいも完了の後はすぐさま今季のファイナルスイカを収穫しました。大雨割れ回避に間に合いました。

台風の影響で大雨だった月曜29日は、雨がはじまる前に収穫したイチジクの急遽な配達に走り回りました。

イチジク狩りも悪天候による中止になったので、雨風・台風到来著しい天候による気持ち悶々期間こそイチジクの最盛期、つまり秋の訪れ本番の秋風の香りに包まれて戦々恐々しております。

そして大雨明けて翌火曜は、待ちに待ったニンジン引き抜き祭り。

img_7128

長い期間、干ばつ気味で収穫を見送っていたニンジンをここぞとばかりに引き抜いた一昨日火曜と昨日水曜。

img_7127

天候とともに食卓事情も根っから左右されるこの胃世界です。

滞っていたお知らせも一気に更新しました。チェキらよろしくお願いいたします。

本日9月1日は新月。予定の種まきをどれだけ進められるのやら。

長い冬の胃世界のために、華やかながらもえげつないこの時期をなんとか踏ん張って乗り切りたいところです。

★ 虫の日じゃが。

6(む)月4(し)日。

IMG_6339

ずっしりと爽やか風味を楽しむ新じゃが開幕。

虫の日の夕刻にジャガイモを収穫しました。

私が掘った数よりカブラヤガが掘った数が上回っていた男爵とメークイン。

虫じゃがの今季は不作となりました(カブラヤガ的には豊作)。成長が途中で足踏み状態だったので予測範囲内ではあるけれど実際には豊作テンションが恋しくなる瞬間です(カブラヤガを見つめてもテンションは上がらない)。

IMG_6340

まだ空が薄ら明るい6時頃に雨が降り出しまして、収穫少量のおかげで作業が間に合いましたとさ(笑)。曇天さま涼しげさまさまです。

タマネギ〜ニンニク〜ジャガイモと収穫作業が続いて昨夜は爆睡バタンQ。

おかげで虫満載の狂喜乱舞な夢を見ました。虫の日に合わせて虫日記をここでたくさん投下したかった願望がちゃんと夢の中で再現されて御の字です。

天気予報の便りでは梅雨入りしたとのこと。

6月の収穫組を今週中に任務完了しておいてよかったよかった♪