タグ別アーカイブ: 昆虫

★ 御伽蜜柑へのいざない。

蕾が丸かったミカン場所。

蜜吸う姿に間に合わず。

口吻をしまいこんで後ずさりされる。

これぞ隠密気分。

眼が朱いのでゴマダラチョウかな?

御伽蜜柑のいざない。

まだ縦長の蕾、咲き始め、真っ盛り、咲き終わり、ミカンちょい見せが混在。

蝶との隠密を目撃できると、蜜柑の花の表情がより味わい深く感じられます。

芳香眩しい蜜柑中継にて。

 

★ お天道ボタンとアブラ刺繍。

開花日誌から約一週間を経たソラマメ。

花を脱ぎ捨てているソラマメよりも目立つ天道ボタン。

天道ボタンよりも目立つアブラムシです。

甘美な刺繍に励まれては笑止。

ソラマメ中継にて。

 

★ シャドーボクシング檸檬。

臙脂色の新芽が華やかです。

レモンの蕾、続々。

和菓子のようで美味しそうです。

蕾を間近で見てみれば。

守りなのか攻めなのか。

お日様への煽りかな。

新芽レモン「心身の気分転換にシャドーボクシングいかがですか」

同じ枝に並ぶ攻防一体の独闘レモンらを見守るのは…、

赤黒判定に厳しいナミテントウ。

前回のレモン日誌ではダンダラテントウでしたが今回はナミテントウです。

ナミテントウの真紅もレモンの臙脂色も輝いております。

リフレッシュ開花に向け、シャドーボクシング中のレモン中継にて。

 

★ 木の芽アゲハ観測記念日。

春の嵐に乗って、愛らしい光景も到来。

山椒の木の芽に輝くナミアゲハの結晶。

今朝、ナミアゲハ観測記念と産卵観測記念をいただきました。

羽休めを挟みながら果敢に産卵を繰り返していたナミアゲハ蝶。

その様子をニマニマ見つめるだけのひと時をありがとう。

孵化後のイモムシを愛でる日を楽しみにしております。

春恒例のアゲハ開幕にほっとしつつ。

 

★ 卯月ごぼう。

特徴的な葉肌のごぼう。

荒れ気味の春風に動じない、地味スーツ世代のテントウムシ。

2月の暗褐色を経て、3月のつくし海原を経て、眩しい若葉が勢ぞろい。

(2月の様子はこちら )

生い茂るスギナを掻きのければ。

みなぎるおちょぼぐち。

根先から葉先までたくましいごぼう場所にて。

 

★ 地味テクニックで檸檬サポート。

蜘蛛の糸であやとりをしているかのようなレモンの芽吹き。

レモンの葉の大海原は春の嵐。

あちらこちらで白く渦巻く大豊作に、レモンも微笑まずにいられまい。

レモンの一等席にいるのはおそらくダンダラテントウかな。

休憩しているだけかな。

休憩も大切ですよ。

輝く休憩時間、大いに参考にしましょう。

レモン場所にて、蜘蛛への敬意を込めて。

 

★ 蟷螂と祝い、蟷螂と願う子。

春のお祝いでチュ。

昨シーズンの夏野菜に使用した竹材に産卵してくれたハラビロカマキリに感謝でチュ。

赤紫蘇に産卵してくれたチョウセンカマキリ(ムナビロカマキリ)に感謝でチュ。

この状態でも薫り豊かな赤紫蘇でチュ。

こちらは農援者さんからの贈り物、オオカマキリでチュ。

畑に持ち込んでくださり、感謝いっぱいでチュ。

ありがとうございまチュ。

増殖しちゃってる竹やぶに産卵してくれたチョウセンカマキリでチュ。

竹の伐採もぼんやりできないでチュよ。

農兵カマキリの新世代たちにあっぱれでチュ。

竹やぶ伐採は続くのでまた見つかるかもでチュね。

彼らが孵るのは5月以降でチュ(異常気象がない場合)。

暴食組の昆虫を喰らってくれるカマキリでチュ。

大小獲物のちょびっと喰いをたくさん繰り返すから捕殺量トップレベルなのでチュ。

頼れる奴なんでチュ。

街中や出先で見つけたら、どうか丁重に見守ってほしいでチュ。

2020年もカマキリの尊さをしつこく主張していくでチュ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『いせ辰』のめでたい干支子タオルは農援者さんからの贈り物です。

ありがとうの連続です。

ここでクイズです。

あっぱれ写真を撮り終えた後に接着面からポロリと離れてしまった(落ちちゃった)卵鞘はどれでしょう。

ヒントと正解は3月27日回です。

落ちちゃった瞬間の小作の似顔絵当てクイズでも良かったかなと思いつつ。

新世代カマキリたちを祝う回でございました♪