タグ別アーカイブ: 柑橘

★ 桃色 純白 蕾が混めば。

4月末の光景。

ミカンの蕾がたわわに。

5月を迎えた途端に開花が始まりました。

画像をこすれば香りが漂う機能が未だ搭載されていないのが悔やまれるほどの爽やかな芳香ミカン。

5月1日に真山養蜂場の真山兄貴が当畑に立ち寄ってくださったのですが、咲き誇りはじめたばかりのミカンたちを前にして真山兄貴もうっとりの表情をいただきました。

約4か月ぶりにお会いできた真山兄貴とミツバチのお話はもちろん、桜をはじめ今年は花の開花が早いねぇ、でもまだ冷えるから油断ならんねぇ…などといった近況の野良作業話をお互いに報告し合うことができました。

今年も真山兄貴のハチミツが楽しみでなりません。

さらに久しぶりに会えたと言えば。

その翌日2日の野良作業中、ふと足元に気配を感じ目をやれば、ニョロ〜りと艶かしくも瞬く間にミカンの樹を這い上がっていったこの界隈の主さまが!

ミカンの樹に隠れた主さま、アオダイショウ(無毒の蛇)。

久々にお姿見せてくれましたね。

お会いできてわしゃ嬉しくてよ。

界隈で見かけるたび同一の青大将と決めつけて主さまとして一方的に親しんでおります。

だがしかしそのように隠れた状態で目が合ってたならわしゃ尻餅ついてたよ。

そしてもうひと柑橘を。

鮮やかな桃色の蕾はレモンです。こちらも4月末のお姿。

昨年は蕾がたったの一つだったのでこの光景には興奮を隠せません。

ミカンより少々遅れて咲き出したレモンの花。

桃色から純白へお色直しをする心情はいかに。

以上、ミカンとレモンの蕾開花中継でした。

広告

★ アナログスイーツ金柑テクニック。

キンカン「暑さ寒さも彼岸まで」

長らく青二才だったキンカンたちは目映い達観色となりました。

2018冬春ファイナル金柑たちは3月24日土曜よりハレバレさんにて就食に励みます。

今季は週を大きくまたぐ不定期リズムでしたが毎回見事な就食内定をいただいていたとのことで嬉しい限りです、ありがとうございます!

キンカン「慌ただしい春の行楽のお供選抜戦への気合は十分」

アナログおやつ農援食ッピングをよろしくお願いいたします。

【 natural marché HaréBaré (ナチュラルマルシェ ハレバレ) 】

営業時間:土日10:00~17:00/平日10:00~18:00

兵庫県尼崎市浜2-15-18 Tel:06-6430-9223

最寄駅: JR尼崎駅 (東西線) 北出口側 定休:月・火・祝日

【natural marché HaréBaré: http://www.harebareshop.com 】

風邪産業の内部告発を微塵も見過ごさない華麗な裁量を担う潤しのキンカンをどうぞお楽しみいただけますよう。

★ 間一髪のゴールデン劇場。

今季の金柑はいつ頃まで食ッピングできそうですか?

と、金柑大好きな農援者さんからご質問をいただきました。

時期としては青い金柑たちもまだ多い頃合いで、これから徐々に熟す子が増えます。

おおよその予想になっちゃいますが、1月下旬〜2月中旬頃が収穫のピークかもしれません。

気にかけてくださり嬉しい限りです、ありがとうございます!

再三のお話になりますが、金柑の告知や紹介時によく「選び抜かれた子なんだぜ!」感を強く出してしまう理由がこちらっ。

(手で押し当てているように見えるかもしれませんが、金柑に焦点を合わせるための演出です)

ドキドキ・ド緊張の瞬間です。

どのへんがかと言うと。

あっあっあ〜♪ トゲ刺さらずのお宝大当たり!の瞬間。

トゲ先が濃い橙色で金柑と同化気味ですが、まさに間一髪。

ヒヤヒヤしっ放しだったであろう金柑の生き様、実にゴールデン劇場。

つんつるてんの無傷っ子は10粒のうち1粒あるかないかといったところ。

選ばれし金柑たちよ!と一粒ごとに声をかけずにはいられません。

それとこの3粒の金柑たち、見ていただきたい部分がボヤけて分かりづらいかもですが、

小さな小さな褐色の点がトゲトゲの打撃痕です。

このトゲ点が裸眼で見えなくなったら就食活動の引退時ですね(笑)。

こちらは小柄な野鳥ごっつぁん痕。

枝やトゲにあてがい、落下させぬまま突いた上級者はジョウビタキかな?

そしていつも悩むこの手の痕跡。

野鳥がこれだけの回数で突いたのならよくぞ落ちずにいたねと感心するし、

懸命に突かれている金柑の近くだったため枝揺れにより繰り返しトゲトゲ衝撃を食らったのなら、それもまたよくぞ落ちずにいたなと感心します。

痕跡めざましい金柑たちはさておき、間一髪の金柑たちをお手元に迎えていただいた際は今回の上から2枚目の写真を思い浮かべていただけたら、ニマニマゴールデン劇場の後援者として幸いであります。

★ 春隣、アクション金柑Days。

昨日はまる1日雨の新月でしたが本日の予報は快晴のようですね。

種まき最適期である満月と新月とその前後は雨模様が多い気がするとしつこく話していますが、やはり雨がよく降る印象が続いております。

雨上がりの金柑場所ももう春の匂いが漂いまして。

春の匂いに包まれつつある金柑の1月のお知らせです。

今週末の1月20日の土曜に、尼崎の道の駅的存在の「ナチュラルマルシェ ハレバレ」さんに襟を正して並びます。

和やか過ぎる摘み摘み選別お受験を経て、体格も大中小入り混じるであろう金柑たちです。

【 natural marché HaréBaré (ナチュラルマルシェ ハレバレ) 】

営業時間:土日10:00~17:00/平日10:00~18:00

兵庫県尼崎市浜2-15-18 Tel:06-6430-9223

最寄駅: JR尼崎駅 (東西線) 北出口側 定休:月・火・祝日

【natural marché HaréBaré: http://www.harebareshop.com 】

風邪予防には念入りなうがい・手洗いが最強ですが、日々酷使されるであろう喉元への労りご褒美に、春隣の金柑を目一杯ご活用いただけたなら幸いです。

★ 生きる道、生きた道。

野鳥の生きる道。

セミが生きた道。

金柑が魅せる景色、本日も愉快なり。

平穏無事の冬至を過ごされていますよう。

★ 暮れによし、明けによし、喉によし。

間近でまじマジ観察し続けると見えてくる、蜘蛛の巣の美しさ。

間近でまじマジ観察が楽しくて癖になると思い知らされる、張り主の尊さ。

気持ち悪がっていた時代がいと懐かし。

目を細めたまま金柑の嬉しいお知らせを。

尼崎の道の駅的存在の「ナチュラルマルシェ ハレバレ」さんで今季も金柑をお取り扱いいただけることになりました。

来週12月23日(土)に出荷・販売予定です。

忘年会でお疲れ気味のままクリスマスから年末年始に向け、喉元を酷使する機会の連続かと。

ぜひとも金柑の自然の恵み・労わりの潤いパワーをご活用いただきたく♪

【 natural marché HaréBaré (ナチュラルマルシェ ハレバレ) 】

営業時間:土日10:00~17:00/平日10:00~18:00

定休:月・火・祝日

兵庫県尼崎市浜2-15-18 Tel:06-6430-9223

最寄駅: JR尼崎駅 (東西線) 北出口側

【natural marché HaréBaré: http://www.harebareshop.com 】

金柑が元気だからこそのミカンハモグリガも元気ハツラツ。

地上の漁師・蜘蛛を応援する理由も日々、増幅の一途なり。

★ 虫の日(6月4日)に野菜×虫の観察会と、「ちょい農っテクでー」を再開します。

小豆色がとっても洒落てるレモン。

前回の写真(日記)と比較してやっとこさ成長具合を把握できるほどの伸び具合。

果樹界古来からの異端児イチジクの成長ぶりに慣れすぎている甲斐あって、レモンの成長速度がはがゆい次元。

6月4日の日曜日は虫の日なので、当畑で野菜と虫の観察会を行います。

そして2012年に不定期ながら開催していた「ちょい農っテクでー」が約5年ぶりに復活!

初見の方には伝わりにくいかもですが、俗に言う畑の一般解農日みたいなものです。

開催時間は午後2:30か3:00~6:00くらいを予定で、前半に畑の野菜と虫の観察、後半に簡単な農作業の予定です。

簡単な農作業の内容が何かは近日にならねば決まりませんが、草引きが濃厚ですね。

カマキリ、トンボ、クモ、てんとう虫の持ち帰りはご遠慮願います。

上記の農兵4者以外の虫捕獲持ち帰りは大・大・大歓迎!!

長きにわたり「ちょい農っテクでーリクエスト」をたくさんいただいております。

そのうち再開しますよとお伝えしながら約5年もの年月が過ぎていたんですね恐ろしや。

レモンたちにのんびりじゃの〜と言えないこの始末。

ひとまず日時のお知らせまで。

詳細はまた改めてお知らせします!