タグ別アーカイブ: 甲虫

★ イチジク前後のブチ奮闘 〜ダイコンハムシ〜

イチジクの実りの期間は、秋冬春野菜の作付け期間と同じです。

猛暑の影響が顕著ではなかった2017年頃までの収穫量は今よりうんと多かったので、秋冬春野菜の作業が追いつきませんでした。

猛暑でイチジクの収穫量がうんと少ない分、野菜作業への時間を割けるはずが身体がちゃんと老いているんですよね。

てんであきまへんわ。

トホホトホホと情けなくなるのも飽き飽きなので開き直るしかありません。

そんなわけで秋冬春野菜への絶望感の中、種まきをちょびちょび進めております。

アブラナ科野菜への気の重さの象徴、

ダイコンハムシ。

頑丈なので、ブチっ!!ブチっ!!と、しっかり潰さないと。

食い逃げ逃すまい。

ブチーーーーー!!っと。

農村地青年部の80代じっちゃんばっちゃん農家さんたちがおっしゃってらしたことがよぎります。

野菜に付く虫も果樹につく虫も見えなくなるし気付くことができなくなる、と。

当方、今はまだ見えるダイコンハムシです。

捕殺を怠った葉菜根菜がどうなるかは既に経験済みなので、小さな虫への大きな課題。

ダイコンハムシ捕殺がイチジク作業の前か後か。

その日のイチジクのみぞ知る。

ダイコンハムシとイチジク中継にて。

★ カミキリ炎舞イチジク。

台風14号の前線による荒天のため、収穫出荷を断念の朝で始まった華の金曜日。

少し遡って水曜7日の様子をお届けします。

収穫中、思わず手を止めてしまう美しのイチジクです。

ふぁ〜、うっとり…。尊い幕間。

そして思わず1980年の映画『シャイニング』のジャック・ニコルソン演じる主人公のような表情しかできなくなる場面も突然訪れます。

もう見つかってまんがな。

目が合ってからが素早いのなんの。

うまいこと隠れているつもりの、

キボシカミキリです。

この気張り込んだ姿勢、飛び立つ寸前の一コマです。

2本隣のイチジクへ飛翔。

防鳥糸と背広の斑点が黄色のお揃いだね。

この後すぐ、虫かご籠城させられることになるキボシカミキリ。

満月辺りに羽化前の幼虫9匹ほどホジホジ捕殺しましたが、利巧な彼らにゃかないません。

キボシカミキリ炎舞イチジクでございました。

台風の暴風暴雨各地、被害が最小の極小でありますように。