タグ別アーカイブ:

★ ごぼう、花から種へ。

ゴボウは花を咲かせるまでにめっちゃんこ時間をかけることに驚きを隠せなかったあの報告(野良日誌こちら)から約2週間。

あんれまぁ。

ゴボウさんは花から種になるまではあまり時間をかけない“らしい”。

何せ初観察のため、花から種への時間が短く感じるのはこの酷暑が影響しているのかどうかもわからず。

至って通常の速度なのかもしれませんね、どうでしょうね。

も、もしや、花を咲かせるまでの超長時間が異例だったのかしら?と思えてきたり(笑)。

種になるのは8月下旬ではなかろうかといった予想も吹き飛ばされました。

イチジク枝葉がみんな無茶苦茶なオールバック状態にまで倒れ乱れたのに、彼らゴボウの花は不動の仁王立ちとは。

写真は台風12号前ですが通過後も変わらずです。

そんな頑丈な彼らの中を拝見。

種の色が種色です。

前回の日誌ではまだ乳白色だったので、種色になった種に思わず祝辞を。

威嚇満点な風貌の内部はふわっふわのサラッサラな柔毛が大半で、種は身を隠すように潜んでいる状態です。

過剰に凝ってますね〜。

キク科とゴボウの知識を得ないとこの不思議ファッションの美の追求はできませんね。

奥の深さに感動し切る以前に学びが全く足りない…と、ちょっとショボくれましたがゴボウの花から種への過程を観察できたことが嬉しゅう。

次世代への繋ぎ方をまじマジ魅せてくれたゴボウとの夏。

7月の締めがまさかゴボウとは。

予想外の愉快さ再々噛み締めつつ。

広告

★ ぶれながらぶっとんでいく彼ら。

img_8124

タンポポの種と花。

img_8122

ただひたすらにタンポポを眺める時間を流したり。

img_8142

見え方が何に重なるかで深層心理を皮肉ってみたり。

img_8132

こんなぶれぶれの姿こそ動画がお似合いだろなと思いつつ。

img_8126

強風にぶっとばなかったのに極微風にはぶっとぶ子とか、かろうじてな子とか。

img_8141

そんなにもひねくれてるのにぶっとばされずぶっとばずなんですか、な子とか。

img_8145

タンポポの器用な気ままっぷりがこちらには楽しく。

img_8127

2015年の春に『タンポポ調査・西日本2015 (リンクは報告日記) 』企画に当畑も参加しました。

【タンポポ調査・西日本2015 http://gonhana.sakura.ne.jp/tanpopo2015/ 】

カラーチラシの簡易版と読み応えたっぷりの報告書版で調査結果が発表されています。

種類別のデータ数で「不明」が多い傾向なのが興味深いです。いざ調べるとなると難しいという。もっと見慣れて見分けが易しくなるとかなり楽しいタンポポ調査かと。

報告書の色つきの比較図解説でこの足元タンポポたちをじっくり見てみましたが、やはり外来種しか生息していないようです。定期的に観察を続ければ在来たんぽぽに気付けるかもしれませんが。

報告書にもあるように、タンポポもまた、“身近な花なのによくわかっていない植物” なんですね。

身近な〇〇なのにわからない、の多さに毎度笑う。

身近なダイコンハムシ、身近なヨトウガ、身近なアワノメイガ、身近なモンシロチョウ、身近な虫も調査研究が進む世界であって欲しいし、これからも身近な〇〇調査になるべく積極的に参加したいと思う次第です。

面白い「身近な〇〇調査」があれば教えてください。

「身近な」が肝心要(笑)。

今年もどんな身近な〇〇にぶっとべるやら♪と楽しみです。