タグ別アーカイブ:

★ 指鳴らしナッツの整列。

週末の雨予報を受け、ど根性ピーナッツと指鳴らして踊りたい気分なのだ。

ぜひとも間に合わせたい移植なのだ。

侵食で難儀中の竹やぶ界隈で調達した幼竹、今回は一輪車に一杯分なのだ。

畝の中に幼竹を仕込むのだ。

高級ベッドは完成なのだ。

正午目前、一旦休憩なのだ。

移植は日差し和らぐ夕刻に持ち越しなのだ。

ピーナッツ2019栽培跡地の収穫時のこぼれナッツから発芽したど根性ピーナッツなのだ。

俺も僕も私もと懸命な主張に心打たれるのだ。

だが誠に心苦しいことに、ベッド数は限られているのだ。

豆を投げつけられても笑顔を絶やさず心で泣く鬼のような心情で選抜なのだ。

夕陽が沈む手前、ピーナッツ理想郷が完成なのだ。

定植の活着が良いとされる中瀬に済ませることができたのだ。

根の安定までいい夢たくさん見て欲しいのだ。

ちなみに小作は指鳴らしが全くできないのだ。

昨日完遂の落花生中継にて。

 

★ しょうが一行、幼竹一興。

両手に幼竹の種生姜。

生姜を植え付けました。

4月中に植え付ける予定が延びに延び…。

昨年は栽培をお休みしましたが、ちょびちょび消費していた酢漬け生姜がなくなったので、今年はほんの少し頑張るぞい。

異常気象への気後れがもう少し穏やかであればこの3倍の量は作付けしたかったです。

生姜はあるととことん便利、ないと長い冬が物悲しい。

バケツの中身は、侵食で難儀している竹やぶ界隈から出てきた幼竹を掘り集めました。

厄介者の竹やぶなのに幼竹には胡麻擂り。

生姜にも効いてくれるかな。

植え付けは昨日の朝です。

そして満月の今朝、生姜ベッド(畝)に猫の足跡が。

ふっかふかなので一歩一歩の足跡がずっしり深く大きく尊大なり。

美しく仕立てた畝に限って直後にキャットウォークもらっちゃう事象に名称をつけていただきたい。

「(畝の出来)ダメだしにゃん拳」の意味ならちょと落ち込みますな…。

猫の足跡より雨予報が気になりつつ。

暑さ涼しさ冷っこさが慌ただしいので体調を崩さないよう気をつけてまいりましょう。

生姜中継にて。