タグ別アーカイブ:

★「花のテーブル 草のイス」さんのタンポポシロップ(maskroshonung)。

西洋タンポポが足元を乱舞する畑の甲斐あってか、栄養価の高い(と言われている)タンポポを美味しく摂り入れてみたいといったお話はたまにですが耳にします。

刈れども刈れども綿毛の速さ圧勝の真っ黄っ黄な彼らを眺めては、有効活用できるならニタニタもんだと思っていたところ、現れましたぞ強者が!

当畑を贔屓に農援くださるスウェーデン料理教室『花のテーブル 草のイス』さんから、手作りタンポポシロップが出来上がったとの吉報をいただきました。

スウェーデンでは食文化として食べられる花を食すのだそうです。まだマイナーながらもタンポポシロップもそのひとつだとか。

いやはや、これは驚くべき事態。

というのも、タンポポを摘み摘みしたのは3年前のタンポポ調査(内容はこちら)以来の2度目。

採集ではなくタンポポを収穫したのはお初だったので、上写真のような風貌はどこへやら。

大袈裟なほどになよなよに、さらに灰汁効果で黒ずんでしまうんですね。

収穫後の保存方法がまずかったねコリャ…と、しょぼくれて託したタンポポだったのでシロップ大成功の知らせに拍手喝采。

まだ味見できずが悔やまれますがまずは食材としてのタンポポが気になっている派の農援者さんと共有を。

タンポポシロップならお料理はもちろん飲み物やおやつにと摂り入れ方無限大。

普段のお料理に草花を美味しくいただく工夫と研究に熱心な『花のテーブル 草のイス』さん、今後の動きにご注目あれ♪

花のテーブル 草のイス

Twitter https://twitter.com/hana_isu_sweden

Instagram https://www.instagram.com/hanaisu__sweden

タンポポシロップを託した際にスウェーデン語の「maskroshonung」を教えていただいたのですが、やはり北欧言語は発音がむずかしいでんな。

#maskroshonung で画像検索するとオシャンティな写真がたくさん出てきますぞ。

タンポポシロップが流行ったら綿毛超特急の運行が間に合わなくなったりしてとニヤけた月曜の朝でございました。

広告

★ 桃色 純白 蕾が混めば。

4月末の光景。

ミカンの蕾がたわわに。

5月を迎えた途端に開花が始まりました。

画像をこすれば香りが漂う機能が未だ搭載されていないのが悔やまれるほどの爽やかな芳香ミカン。

5月1日に真山養蜂場の真山兄貴が当畑に立ち寄ってくださったのですが、咲き誇りはじめたばかりのミカンたちを前にして真山兄貴もうっとりの表情をいただきました。

約4か月ぶりにお会いできた真山兄貴とミツバチのお話はもちろん、桜をはじめ今年は花の開花が早いねぇ、でもまだ冷えるから油断ならんねぇ…などといった近況の野良作業話をお互いに報告し合うことができました。

今年も真山兄貴のハチミツが楽しみでなりません。

さらに久しぶりに会えたと言えば。

その翌日2日の野良作業中、ふと足元に気配を感じ目をやれば、ニョロ〜りと艶かしくも瞬く間にミカンの樹を這い上がっていったこの界隈の主さまが!

ミカンの樹に隠れた主さま、アオダイショウ(無毒の蛇)。

久々にお姿見せてくれましたね。

お会いできてわしゃ嬉しくてよ。

界隈で見かけるたび同一の青大将と決めつけて主さまとして一方的に親しんでおります。

だがしかしそのように隠れた状態で目が合ってたならわしゃ尻餅ついてたよ。

そしてもうひと柑橘を。

鮮やかな桃色の蕾はレモンです。こちらも4月末のお姿。

昨年は蕾がたったの一つだったのでこの光景には興奮を隠せません。

ミカンより少々遅れて咲き出したレモンの花。

桃色から純白へお色直しをする心情はいかに。

以上、ミカンとレモンの蕾開花中継でした。

★ 早くに始まり早くに終わり去る。

キュウリの両隣にニラを混植しましたが、ウリハムシにはなんのその。

香草刈り取り根元敷はこれまで試してきたので、今季は根ごと至近植えを試します。ニラ根っ子たちとの共生効果はいかほど。

脇から顔を出す若芽たちに期待を込めること半月。

少しず〜つ少しず〜つ、背丈が伸び。変化を感じない停滞期こそ愉快に辛抱。

脇いっぱいの花と芽に期待を注ぐ潅水の日々。

例に漏れずキュウリも雨でグンと伸びること半月。

しゃかりきシャキりのお姿ちらほら。

早くにはじまり早くに終わり去るキュウリ中継、次回へつづく。

★ レモンの花と。

先週後半に気付いたレモンの蕾。

気付いてからというもの、毎日レモン場所拝見を欠かさなくなりまして。

そして今朝ついに!

開き始めたレモン、朝6時台。

それからせっせと野良作業の約3時間後。

ついに咲いたレモンの花と写り込む蜘蛛。

レモンの花と写り込んでしまう蜘蛛。

斜め後ろ姿のレモンとやっぱり写り込んじゃう蜘蛛。

ミント場所にて長年瀕死だった苗を移植して復活を遂げたうえに蕾をつけ、花を咲かせたレモンがなんとも誇らしげで朝の締めにふさわしい一輪でございました。

そんなレモンの花から視線をぐんと落とせば、

ナミアゲハ蝶のイモムシ終齢っ子が日陰ぼっこで涼んでおりました。

本日は国際生物多様性の日で、本日の誕生花はレモン。

★ ぺったり、5月につき。

たんぽぽ綿毛ぺったり。

ミカンの花も5月の薫り。

先日の餅つきぺったん会報告の更新できぬまま平日が過ぎ…まもなく新しい週末が来ますね。

朝晩はまだかなり涼しいので気温差で体調崩されていませんよう。

こちらは体力減少は嘆かず休憩ぺったり、ひと休みぺったり、ひと息つき一服ついて、灼熱疲労の減少に努めています。

小さなナミアゲハもぺったり。

終齢から蛹への準備をはじめたナミアゲハもいて、いち日ごとの観察が最強の癒し。

バタンQなければぺったん報告を今晩中に書き上げて更新したいところです。

★ Yaini Rera Live &マルシェ@Rukmini Naoko Dance Studio。

大人の階段くつろぎ中のてんとう虫チルドレンたち、ソラマメ場所へ大移動させた木曜の朝。

4月27日、『Yaini Rera Live &マルシェ』食ッピングありがとうプレゼントのお花は、ストロベリーキャンドル(ベニバナツメクサ)でございました。

会場場所は尼崎にオープンしたインド古典舞踏家のルクミニー・ナオコさんのダンススタジオ。

スタジオはまだ改装途中で、ナオコさんと一緒に手がけているのがなんとバイオリン製作職人さんと知り、これまた胸熱く。

ダンススタジオは武庫川裏手の西宮と尼崎の境らへん。

当畑は藻川裏手の伊丹と尼崎の境らへんなので勝手なこじつけ親近感も抜群なり。

1Fから3Fまで飲食・物販の出店者ひしめく中、参加させていただきました。

香草薬効国大手のインドを意識し、儂もクセもの揃えてみましたぞぃ♫と。

葉つきニンジン/ミツバ/木の芽/ドクダミ/ミントを携えることで小作農の香り漂わせ、ただのドライフルーツ屋さんじゃねぇんだ臭を醸し出すことに成功できたか否かは現場に居合わせた御人のみぞ知る。

お客さんも大勢いらっしゃったおかげで農的なお喋り尽きぬまま、あっという間にマルシェの部からライブの部へ突入。

この時期のご褒美にと楽しみにしていた、唄い手・Hyotamiさんと民族弦楽器奏者・ヒトリノウパクシマ佐伯さんのユニット「Yaini Rera」の生演奏!

写真は開演直前のお二人(奥)と、Hyotamiさん作の瓢箪楽器(手前)。

ライブ前のイメージだとHyotamiさんが可愛いで佐伯さんがかっこいいでしたが、実際は逆で、かっこいいのがHyotamiさんで、佐伯さんは可愛かったのです。

力強く暖かい唄声が心地よく、祈りを唄で表現するHyotamiさんの美しさにうっとりで、佐伯さんにはにっこりを誘われっぱなしでした。

民族楽器の音色にも興味があるので、せっかくなので音楽の嗜好話を少し。

普段聴く音楽はほとんどメジャーな音楽ですが、iTuneライブラリに収集中の民族楽器や楽器音楽で特にお気に入りアーティストは「Rodrigo Y Gabriela」、「Hadouk Trio」。他に「→Pia-no-jaC←」、「栗コーダーカルテット」、「Al Di Meola」など。

まだまだ知らない音楽が多すぎるので日々開拓中です。

何を言っているのか何について歌われているのかさっぱりわからないのに美しい曲もちょくちょく収集中で、最近では「Jon Henrik Fjällgren」の“ Daniel’s Joik” という曲をダウンロード購入しました。言葉の意味がわかれば聴こえる美しさ倍増どころか無限大なのも音楽のすばらしき所以。

そんなわけで今回、マルシェ出店ついでにライブ鑑賞というよりは、ライブ鑑賞にマルシェ出店権をいただけた♫という感じですのよ(笑)。

Hyotamiさんも佐伯さんも一曲一曲、言葉の意味や歌の背景を手短ながらも丁寧に説明してくださったので、音楽を聴くことができる、音楽の話ができる環境がどれほど恵まれているかもしみじみと堪能一入。

これだけの特別な機会に招いていただいたポルポ女将ユミさんに感謝、活動拠点を尼崎に選んでくださったルクミニー・ナオコさんにも感謝、広島から遠征くださったHyotamiさんと佐伯さんの生演奏を体験できて嬉しかったです、ありがとうございました。

そして香草野菜たちもなんと見事に就食内定いただき、まさにパーフェクトナマステ!

鮮やかなストロベリーキャンドルに潜り込むてんとう虫の姿が、Yaini Reraの音空間で一緒に酔いしれた御人たちと重なります★

ストロベリーキャンドルの花言葉もいくつかございますが、今回の花言葉としては「胸に灯をともす」がよきかな。

Rukmini Naoko http://www.geocities.jp/nao_rukmini/ / 「るくみに〜踊りつづり〜」http://blog.goo.ne.jp/rukmini 】

Hyotami http://hyoutamirainbow88.blogspot.jp 】

★ イマソラ。

#イマソラ

今から約一週間前のソラマメ。

#イマソラ

今から約一週間前のソラマメの花。

#イマソラ

今から約一週間前のソラマメの横顔。

#イマソラ

今もなお空を仰いでいるソラマメ。

#イマソラ

今から約一週間前のソラマメの立ち姿。

#イマソラ

今にも春の嵐が来そうな予感に押し倒されそうだったのに無事にやり過ごした約一週間前のソラマメと、春の嵐に揉まれた約一週間前のソラマメ。

#イマソラ

今のソラマメ場所には竹支柱が打ち込まれ、ビニール紐も張られ、ようやく訪れた春の安寧。