タグ別アーカイブ: 落花生

★ 指鳴らしナッツの整列。

週末の雨予報を受け、ど根性ピーナッツと指鳴らして踊りたい気分なのだ。

ぜひとも間に合わせたい移植なのだ。

侵食で難儀中の竹やぶ界隈で調達した幼竹、今回は一輪車に一杯分なのだ。

畝の中に幼竹を仕込むのだ。

高級ベッドは完成なのだ。

正午目前、一旦休憩なのだ。

移植は日差し和らぐ夕刻に持ち越しなのだ。

ピーナッツ2019栽培跡地の収穫時のこぼれナッツから発芽したど根性ピーナッツなのだ。

俺も僕も私もと懸命な主張に心打たれるのだ。

だが誠に心苦しいことに、ベッド数は限られているのだ。

豆を投げつけられても笑顔を絶やさず心で泣く鬼のような心情で選抜なのだ。

夕陽が沈む手前、ピーナッツ理想郷が完成なのだ。

定植の活着が良いとされる中瀬に済ませることができたのだ。

根の安定までいい夢たくさん見て欲しいのだ。

ちなみに小作は指鳴らしが全くできないのだ。

昨日完遂の落花生中継にて。

 

★ 見守りナッツ区域。

この春も見守り続けたピーナッツ2019栽培&収穫跡地。

収穫時のこぼれ豆が殻破りに燃えております。

収穫後約5〜6ヶ月は雑草抑制他のための耕運機を数回かけるので、荒らされつつの冬眠を無事に終えた強運たちです。

脱ぎ捨てた殻、小作の手でわざわざ置いたように見えちゃうかもですが違いますのよ。

ありのままの自発の発芽姿です。

愛おしき演出に萌ゆります。

出てきてくれてありがとう、ありがとう。

きっと出てきてくれるだろうと思いつつも、安心しきると出てこないかもという天秤がゆらゆらしていたので、5月初旬にてピーナッツ区域は安寧を得ることができました。

ピーナッツ2019も収穫報告がないまま終えてしまったので、この秋こそは収穫作業と収穫後の処理もマメに残したい所存。

見守りが必要な場所、理由、時期が多種多様。

強運ピーナッツ、次は新しい畝へ移動です。

朝晩がかなり冷え込んでいます、衣服の脱着調整をこまめに参りましょう。

落花生中継にて。