タグ別アーカイブ: 蜜柑

★ 12月のみんなでごはんピロジェクト~まあるい食卓~&「子ども食堂の今 in 尼崎フォーラム」。

大の大人たちで押しくらミカンまんじゅう。

12月開催の「まあるい食卓」にはミカンを食材提供します。

出来立て熱々のお味噌汁と炊き立てほやほやのごはんを必要とする子どもたちが参加出来る場作りを、一緒にお昼ご飯を食べることで支えていただけますよう。

情報発信支援も強大ですのでイベントの噂話もよろしくお願いします!

《 第31回 みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~ 》

12月17日(日)11時〜14時

参加費:大人300円/中学生以下無料

お箸・お皿・飲み物用コップのマイ食器をなるべく持参ください。

場所:喜楽苑地域ケアセンターあんしん24(尼崎市金楽寺町2-7-7)

食事内容:おにぎりと具沢山の味噌汁と季節野菜を使ったおかず。60食程度ご用意していますがなくなり次第終了。

みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~ http://blog.goo.ne.jp/maaruisyokutaku

まあるい食卓Facebookページ https://www.facebook.com/events/522612464771900/

それと、まあるい食卓開催前日に関連のフォーラムが開催されます。

尼崎市が把握していた市内の子ども食堂の数は2017年はじめは7カ所だったのが同年9月時点で約30カ所と増加の一途だそうです。

フォーラムではまあるい食卓スタッフもパネル討論に登壇します。各運営団体の活動状況や課題などを共有できる機会なので気になる方はぜひご参加下さい。

子ども食堂の今 in 尼崎】12月16日(土) 13:30~16:00、会場は園田学院女子大学2号館(尼崎市南塚口町7)、参加費は資料代の300円、事前申し込み不要、会場全体での意見交換あり

「大の大人がぬくぬくと暖を取っている場合やないで」

ミナミアオカメムシも勢いよく解散した残り香たくましいミカン場所。

 

広告

★ ポル☆シェ芦屋 61ポル。

収穫時はミカンの木陰の冷ややかさから一刻も早く離脱したく素早くチョキンコチョキンコしたいところですが、野鳥立憲お笑い党のかじりポスターミカンのおかげでどうしても頻繁に手を止めてしまいます。

昨日12月13日水曜日は「ビタミンの日」でもあり、たこ焼き屋Barポルポさんの夕市~夜市『ポル☆シェ芦屋』開催の日でありました。

61ポルの出店メンバーは、

ミツバチをこよなく愛するんだけどミツバチ以外の昆虫はめっぽう苦手な真山養蜂場さん、

大消費社会から外れたり外れつつの果菜の発掘と流通を極める京都の八百屋・有頂天晴果さん、

台湾の食べるお茶・擂茶(れいちゃ)の新作も大人気な擂茶専門伝道師の松茶商店さん、

クリスマス色溢れる天然酵母パン・ヒカリノmutsu cafeさん。ムツさんはインスタで写真投稿を更新中ですのでぜひ覗き見ください☆

パン屋、ハチミツ屋、八百屋、お茶屋、そして当畑・ミカン屋の合計5組でした。

今回も出店の様子と開催風景の写真を撮るタイミングを逃してしまいましたが、芦屋市が絶賛キャンペーン中のハッシュタグ「#憧れを日常に芦屋市」(2017年10月~2018年3月初旬までの期間限定企画)を検索くださると農援者さんによるポル☆シェ芦屋の様子をご覧いただけるかもしれません。

寒空の下でも足を運んでくださる農援者さんに恵まれているポル☆シェ芦屋です。

手足鼻先凍える中、たくさんの食ッピングをありがとうございました!

農援者さんの食ッピングや噂話(=口コミ)に支えられ、出店仲間に恵まれ、ポルポさんの寛容さに甘え続け、小作人は贅沢病のまま、62ポルへと進みます。

次回は第2水曜じゃなくて第3水曜日に開催やで!!と大きく念押しをくださった野鳥のように、1月のポル☆シェ印は17日にぐるぐるとつけていただけますよう。

次回ポル☆シェ芦屋、2018年幕開けの第62回は1月17日(水)に開催です!

出店風景が0枚なので61ポル戦利品のお披露目を。

左から右に、

松茶商店さんの擂茶小袋パックは、暮れの元気なご挨拶に丁度良い逸品なので♪

レモンや柚子などの柑橘類の蜂蜜漬けに最適最良な真山養蜂場さんの「初夏の蜜」、真山兄貴曰く、レモンも柚子も漬け込んでから約1週間ほどで取り出すと余分な皮の渋みうつりを回避できるとのことです♪

有頂天晴果さんの今回のイチオシ、『ニューヨーク生まれの津軽育ち 青森特産 津軽ぶどう スチューベン』。………地名がとっても騒がしいブドウちゃん面白すぎる。帰り間際に忙しなく食ッピングしたのでパッケージを帰宅後によく見たら「ん?」という展開で、その場で西川くんに突っ込めなかったのがスチューベンへの悔やみどころ。種があるけど通常のブドウの食べ方とは少し違うところも面白いですね。

下敷きはポル☆シェとは関係がないのですが、数少ない手ぬぐいコレクションに新たに迎えた山口県豊北町の「豊北梨」手ぬぐいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

テルってる畑。の Twitter や FacebookPage でも情報発信しております、フォローといいねよろしくお願いいたします。

以下、ポルポさんと各出店者のリンク先です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ ミカンが教えてくれること 、幸せのハイタッチ。

今季はミカンの収量が極小なため早くの終了を予想しておりましたが…。

12月中旬までに終わりそうです。

10キロ20キロのご注文を3キロ~5キロ内にお願いせざるをえない状況なのでミカンがイチジクに重なってしまいます。

芦屋のたこ焼き屋Barポルポさんの水曜マルシェ『ポル☆シェ芦屋』第61回目のイベントページを公開中!正月事始めの日の12月13日に開催です。

ポルポ広場の空間環境がほんの少し変化したので、毎月定番の出店者がほぼ揃っての回は今回が最後になるかもしれません。

次回開催以降の各出店者の週分け・曜日分けなどの詳細は決まり次第お知らせします。

第61回目ポル☆シェ芦屋 https://www.facebook.com/events/351791051959664/

インスタアカウントをお持ちの農援者さんは、ポル☆シェ芦屋をInstagram投稿キャンペーンのハッシュタグ「#憧れを日常に芦屋市」と一緒にシェアください。この期間の投稿テーマは『芦屋の秘密』です(キャンペーン詳細サイトはこちら)。

一枚目のミカン写真は収穫後すぐのミカンなのですが、

右側ミカンが一枚目と同じくのミカン、左側が乾拭き後のミカン。

皮が薄いので手に力が入り過ぎると簡単に破れちゃうパツンぱつんな彼ら。

「わざわざ拭かなくていいから」とよく言われますが、何せ約5か月も吹きさらし人生。

カタツムリのカピカピウンチと蜘蛛の巣の絡みだけじゃないので丁重に拭い取ります。

ミカンへの絡みといえば…。

ミカン場所あるある風景。今季も不定期に勃発公開中。

たいへんに派手な刹那の場面を見逃した時の、この、言葉にできぬこの気持ち!

野鳥vs.野鳥なのか、野鳥vs.カラスなのか、野鳥vs.イタチなのか、野鳥vs.野良猫なのか、野鳥vs.アライグマなのか。

もしかして野鳥vs.人間だったりして。

ミカン場所だけではなく果実場所ではよく目にするこの幸せのハイタッチ画に心躍らされます。

野鳥の羽毛劇画も含めての、フルーツパラダイス。

野鳥と人間といえば、気になっていた鳥猟ドキュメンタリー映画。

【鳥の道を超えて https://www.torinomichi.com

日本の渡り鳥の鳥猟世界、たいへん興味をそそられます。

ミナミアオカメムシ「フルーツパラダイス、鳥肌もんやで」

★『nikopakuマルシェ』にミカンで初出店させていただきます。

数年に渡り就食活動の場としてお世話になっていたオクタホームさんのオクタ朝市が幕を閉じた跡地に『nikopaku cafe』がオープンしました。

そのnikopaku cafeさんが運営する『nikopakuマルシェ』に出店させていただきます。

ありがたき御縁!

お連れする者は、あまずっぱ/あまあっまミカンです。

当日はマルシェ限定「nikopakuランチ」もあり、出店者さんも続々と決定しておりますので詳しい情報を下記Facebookでチェキらくださいませ♪

ぁ、でも、少々ご注意を。美味しそうな写真が多数更新されているので深夜に覗かない方がいいですよ(笑)。

【 nikopakuマルシェ

11月27日(月)

開催場所:nikopaku cafe( 兵庫県芦屋市浜風町3-12)

開催時間:10:00~14:00

テルってる畑。の出店時間は10:00~12:30で早めの撤収となります、ご了承くださいませ。

nikopaku cafe:https://www.facebook.com/nikopaku-cafe-208509853009997/

芦屋市シティプロモーションのSNS投稿キャンペーンハッシュタグ「#憧れを日常に芦屋市」をつけて盛り上げていただけると嬉しいです。

ご贔屓拡散、農援たくさん、よろしくお願いいたします!

★ ミカンは少なく、アオカメムシは多く。

ヘッダー画像をイチジクからミカンに衣替えしました。

隔年豊作のミカン、今年は少ない年度なうえに10月の台風による落っこちミカンが多かったため、今季のミカンはとても少ないです。

告知したばかりの本夕開催の水曜マルシェ『ポル☆シェ芦屋(Facebookイベントページこちら)』ですが、お天気予報からの判断で当畑の出店はお休みして来週11月15日(水)の『ちょいポル☆芦屋』に振り替え出店します。

楽しみにしてくださっていたミカン大好きなみなさま、ご予定調整よろしくお願いいたします。

ちょっとやそっとの雨なんぞという時代は終わったのだと身体から教わりつつ。

みなさまも雨どきは無理のないよう。

恵みの雨なので、どうか雨を憎まず恨まずで。

★ ぺったり、5月につき。

たんぽぽ綿毛ぺったり。

ミカンの花も5月の薫り。

先日の餅つきぺったん会報告の更新できぬまま平日が過ぎ…まもなく新しい週末が来ますね。

朝晩はまだかなり涼しいので気温差で体調崩されていませんよう。

こちらは体力減少は嘆かず休憩ぺったり、ひと休みぺったり、ひと息つき一服ついて、灼熱疲労の減少に努めています。

小さなナミアゲハもぺったり。

終齢から蛹への準備をはじめたナミアゲハもいて、いち日ごとの観察が最強の癒し。

バタンQなければぺったん報告を今晩中に書き上げて更新したいところです。

★ 春のお餅つき『ぺったん会』は5月14日の日曜日です。

写真はミカンの足元です。畑はいつだって雑草が元気いっぱい。

特にカラスノエンドウが旺盛です。アブラムシ待機のテントウムシの幼虫も大勢抱き付いていましたが、大いに張り切って容赦なく続けた草刈り三昧のあと。

刈って刈って刈りまくった足元が、週末からの雨で振り出しに戻った光景が輝いております。

その眩しすぎる絶景は手が震えて撮れぬままですがね。

そんなわけで、輝けるお餅つき春のぺったん会の日程が決まりました。

5月14日の日曜日に開催します!

日程だけ決まった段階なので、詳細は改めてお知らせします♪