タグ別アーカイブ:

★ 虫の日イベント 6月4日 ~ 野菜と虫の観察会と~ 開催のお知らせ。

写真は5月1日に撮った、畑で謳歌繁栄のモンシロチョウ夫婦。

録画していた番組『香川照之の昆虫すごいぜ!2時限目~モンシロチョウ~』を先日の雨の日にやっとこさ観ました。

1時限目トノサマバッタ回に引き続き、香川照之氏の昆虫愛が沸騰しとりましたね。

虫は観察するだけでも面白いですが捕獲となると時間はいくらあっても足りないというお手本てんこ盛りでした。

昆虫業で活き活きの姿に加え、有名大企業の殺虫剤のCM出演姿も活き活きされてらっしゃるという、正に活きる昆虫俳優だからこその業かと。

当畑の農援者さんの中にも虫好きさんから農作業大好きさんまで長期間の待機いただいていたかと思います、毎度ありがとうございます。いよいよやっと、虫と野菜の観察会を畑で開催しますぞ!

と、満を持して開催すれば都合により参加できないあるあるに落胆はしないのでご安心を。

以下、詳細です!

いつも独りで常時観察しているけど、一緒にマジ観すれば新発見の連続間違いなし!企画☆

【 虫の日イベント ~ 野菜と虫の観察会とちょい農っテクでー ~ 】

6月4日(日)

14:50 テルってる畑。に集合

15:00~16:20 野菜と虫の観察会>畑のすべてあるがままを観察します。

16:30~17:50 簡単な農作業「ちょい農っテクでー」>簡単な農作業をします。

18:00 解散

参加費・入園料なし、無料です。

途中退場OK、観察会だけOK、農作業だけOK、両方ぶっ通しOK。

小雨決行、悪天候時は中止します。

申し込み・参加予約は不要ですがFacebookで「参加」表示くださると嬉しいです♪ 来れない方も「興味あり」ポチってくださるとありがたいです。

Facebook表明が不都合な方は既存の連絡方法で一報ください(なくても問題ありませんが開催直前や当日は即対応ができない場合が非常に高いため)。

初めて来園の方は道案内を写真付きでお伝えしますんで問い合わせフォームから一報ください。

Facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/306558779758059/

〈野菜と虫の観察会について〉

畑を巡回しながら各作物をマジマジ観察します。写真を撮ったり捕獲したり(*注、下)、栽培についての簡単な質問にも答えますが高等な内容には程遠いので期待はなさらぬよう。

捕獲・持ち出し禁止の昆虫 ……カマキリ、トンボ、マイマイカブリ

捕獲・持ち出し大歓迎の昆虫 ……モンシロチョウ、バッタ類、コガネムシ科、ガ全般

〈かんたんな農作業・ちょい農っテクでーについて〉

以前、定期的に開催していた農作業体験みたいなものです。

普段の小作人の農作業をお手伝いするというよりは、「ちょっとだけ一緒にやってみましょか」な心意気でお願いします。

農作業への報酬や謝礼金はございません(放電や謝礼菌はなんぼでも)。

〈 持ち物、服装、他 〉

水分補給の飲料(自販機は畑の隣に有り)。

虫観察の場合、あると便利な虫かごと網。

農作業の場合、あると助かる農作業手袋。

軍手はもたつくのでお勧めしませんが選択の自由を優先ください。

素肌が露出する足元の場合は入園をお断りします。

暑さ対策は万全に!

虫の日にちなんで朝6:40から開始しようと企んだのですが思い止まりました。

指先ほどのトノサマバッタも一緒に追いかけっこできる当日を待ちわびております♪

★ ラウンジ蝶々さん。

雑草てんこ盛り写真で草引き三昧日記をお蔵入りするキアゲハに遭遇しまして。

シロチョウやタテハチョウも舞いはじめ、季節の訪れ早乗り蝶々に目を細めるばかりでもないのが超自然世界。

羽化時に何かしらの問題が生じた模様のキアゲハ。

足空でバタつき続けていたので、休憩しやすそうな蕗に移して、まじまじ鑑賞。

遅かれ早かれ、野鳥かトカゲたちに食されることでしょう。

まじマジ鑑賞のおかげでお蜜時間に同席できまして。

まんまる口吻(こうふん)を、

ちゅちゅいと伸ばして。

蕗のお蜜は美味しゅうございますか。

彼ら超自然風景に衣食住の大切さをじんわり感じます。

身を纏えるものがあって、身をつなぐ食べものがあって、身を休める寝床があることの有難さをキアゲハにも重ねては草引きてんこ盛りなんぞでヒィハァ言っている場合じゃねぇぞい。

と、キアゲハと蕗を前にして思っても雑草を前にするとやはりヒィハァ。

まだまだ朝晩と風が冷たい春のヒィハァ、風邪ヒィハァ回避にも励みたいところですね。

★ 短時間労働、長時間睡眠。

img_8061

短時間労働と長時間睡眠が雇用条件のキャベツ社。

img_8062

長時間労働と短時間睡眠が許されないキャベツ社。

img_8063

休憩とは別に遊休も取れるキャベツ社。

img_8065

もちろん有給も取れるキャベツ社。

img_8066

有給休暇中なのか遊休中なのか休憩中なのかを問われないキャベツ社。

img_8067

這い上がり制度も充実のキャベツ社。

img_8068

伸し上がり制度も充実のキャベツ社。

img_8064

過食な状況を放置しないブロッコリー社。

img_8071

拒食な状況も放置しないブロッコリー社。

img_8072

サービス残業はないけどサービス残響はあるブロッコリー社。

img_8070

ブロッコリー社も短時間労働と長時間睡眠を死守。

今年も食通のキャベツ社とブロッコリー社がブラックホール企業大賞を受賞。

モンシロチョウに優しすぎる食通企業に涙目。

★ 船越康弘さんの重ね煮お料理教室でテルってる畑。のニンジンが重ね重ねされます。

img_7183

役者が揃い過ぎる濃厚ニンジン、多勢に一斉大就食の巻。

本日、神戸で開催される船越康弘さんの重ね煮お料理教室で、ニンジン達が主役級を担います。

【船越康弘 in 神戸 重ね煮料理教室「基本のしいたま人参」】

9月11日(日)9:30~12:30(開場9:15)神戸市健康づくりセンター健康ライフプラザ4F

重ね煮料理教室はすでに満員ですが、講演会『本当の豊かさと幸せ 〜今、私たちにできること〜』14:00~16:00(開場13:30)は若干空きがあるとのことです。

Facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/1742525869363098/

船越康弘 http://wara.jp (イベントのチラシ画像こちら

船越康弘さんとはまだ面識がなく、イベントに関わっている方が夏真っ盛りの頃に9月にニンジンが採れることにお目をかけてくださったことがきっかけです。

イベント名とチラシのイラストにあるように、シイタケ・タマネギ・ニンジンの重ね煮ですが、「君たち主役やが、シイタケとタマネギの存在が霞むくらい張り切って味占めてくれなはれ」と引き抜きながら願ったことこそつまり『本当の下心と卑猥さ〜小作人、人参たちとニヤけること〜』。

img_7186

こんな感じでイチジクの木陰で葉の切り落としと軽洗い作業をしていたら…、

img_7184

!!、ぁっ!!ぁァ〜! となる光景。

img_7185

キアゲハが果敢に次世代を産卵。

愛しのキアゲハは未収穫のニンジンに産卵してくれないと困るのでめちゃ慌てました。

ごめんごめん、あっちあっち、こっちこっちとニンジン場所へ誘導を試みるもキアゲハ母ちゃん必死だったのでとにかく早く片付けました。キアゲハの臭覚もさすがじゃの!な感心の一コマです。

そして作業場所を移し、やれやれだぜ…と再びニンジンに目をやれば、

img_7187

マイマイ先生のびっくりプリプリプリズム・超極細。

ニンジンだけじゃなく、一瞬一瞬、小さな笑みをいただいております。

★「トゥルルンイチジク2016」特設ページを公開しました。

IMG_7007

野鳥にチュンチュンされたトゥルルンイチジク、ずくずくに進化中でまさに「チュルルンじゅるるんイチジク」。

耳のようなリボンのような息のあった粋な対の蝶たちの姿を撮らえきれずが惜しまれた今朝でした。

IMG_7009

8月20日に『natural marché HaréBaré』さんでトゥルルンイチジクを販売予定です、農援食ッピングをよろしくお願いいたします!

そしてやっと「トゥルルンイチジク2016」ページを公開しました♪

ブログの上部の一覧にございますんで、カーソルを合わせていただくと「トゥルルンイチジクとは」「取り扱い店舗」「イチジクの配達について」が表示されます。

ハレバレさんの基本情報も「取り扱い店舗」のページでご確認いただけます。

IMG_7005

トゥルルンイチジク狩り2016ページ公開まであと数日お待ちください。

IMG_7006

チュルルンじゅるるんイチジクの甘い蜜を長い時間吸い続けていたこの蝶を識別する気力は冬に持ち越し……はせずに、蝶に詳しい農援者さんにお任せしたい所存。

やっと携帯電話の更新を終え、畑の情報運営で活用していたアプリを再入手できました。このところ便利なアプリを全て消去せざるをえなかったので、メッセージのやり取りを円滑にできるようになって、わしゃ、わしゃ、嬉しゅうて(涙)…と書きながら焦点が合わなくなってきたので就寝します。

イチジクマニアさんがトゥルルンな素敵週末を過ごされることを願いながら明朝の収穫頑張ります!

★ ゴマダラチョウ。

IMG_6660

キアゲハではない蝶がニンジンで長居しておりました。帰宅後に画像鑑定。

IMG_6660-0

ゴマダラチョウと判明。

IMG_6664

もしや負傷して飛べなくなったのかなと思いつつよく見てみれば、

IMG_6665

透明感のある黄色い口吻(こうふん)をニンジンの葉にあてがっていました。

……美味しいですか?

IMG_6666

ゴマダラチョウに魅せられましたが、ニンジン中継です(笑)。

ニンジンの橙部分は今、例えるなら鉛筆の芯をめちゃくちゃ削り出しすぎた感じでして、柔らかで薫り高い葉を中心に生で食すのが美味しいお年頃です。

まだまだ成長中のニンジン葉と成蝶ゴマダラチョウの様子をお届けしました。

ちなみにゴマダラチョウの終齢幼虫の外見がなかなか面白いので、画像検索をオススメします♪ 次は終齢イモムシにお目にかかりたい次第。

★ アゲハステージ。

IMG_5963

約1ヶ月ぶりの更新ですすみません、お久しぶりです。

IMG_5897

お詫びといってはなんですが卑しの…癒しの満ち欠けが愛おしいカエルの満月姿を…。

IMG_5873

アゲハ蝶を見かけない日がなくなりました。毎日飛び交っています。

IMG_5936

続々と孵化していく夏のナミアゲハたちです(↑↓同日に撮りました)。

しっかりちゃっかり食事処と寝どころが別室なのに笑う。

IMG_5935

卵を避けながらの収穫規模が大きくなってきたので『ドゥエ』さんへの出荷も終了です。

人間さまへの木の芽<ナミアゲハへの木の芽、という優先順位。

ドゥエさんは今季は木の芽をソ◯スに変身くださっているとか(昨年はパ◯タでした)。

引き続き、旬の木の芽のご贔屓と農援をよろしくお願いします。

ナミアゲハ以外の普段見かけない蝶だと特段胸が高鳴るわけですが、木の芽収穫時にも何回か黒い蝶を目撃でき、やっとこさ写真に収めることに成功!

ブレブレですがね。

IMG_5923

オナガアゲハ、もしくはクロアゲハのどちらかちゃん。判別むずかしく。

IMG_5924

命がけの蜜食にも目を細めずにはいられまへんで…☆

ナミアゲハナミアゲハと連呼してますが、容姿でいちばん好きな蝶々はアオスジアゲハです。

IMG_3327

黒地にターコイズブルーとほんの少しの紅が粋で美しいです。

IMG_3329

アオスジアゲハの食草樹はクスノキ科なのですが、クスノキ科を調べてみて心惹かれたのは「アボカド」。アボカド栽培に貢献しているのがアオスジアゲハだとは…今後はアオスジアゲハを見たらアボカドを、アボカドを見たらアオスジアゲハを思い浮かべる日々になるのじゃな。

新しく覚えた食の知識、アオスジアゲハ栽培アボカド。

IMG_5967

ナミアゲハ栽培木の芽、彼らの立派なプリプリプリズムが山椒の肥やし。

明日水曜5月11日は『ポル☆シェ』開催日ですが、当畑はお休みします。

週違いの臨時開催時にソラマメたちの就食活動できればと思っています。

なるべく早めに告知しますんで、その際はどうぞよろしくお願いします。