タグ別アーカイブ:

★ アリの調査に興味のある農援「アリ調査隊員」を募ります。

キュウリの葉の上で。

アリ運営のアブラムシ保育園のような光景があちらこちらに。

イチジクの根元もアリの巣だらけ。

アリも謎と不思議がてんこ盛り。

けれどもアリの種類はほとんど把握できていません。

畑にいるアリたちが何方なのか、どれほどの種類が暮らしているのか、できれば知りたいと思い続けてかれこれ◯年。

そんな中、ラッキーな便りアリ。

打って付けの企画が開催されるので農っかろうと思います。

時間のかかるアリの識別には助っ人が欲しいので、アリ調査に興味津々な農援者さんを募ります。

参加いただけるアリ調査隊員さんはご一報ください。

携帯メール、電話、パソコンメール、ブログお問い合わせフォーム、Twitter、Facebook、お手紙、FAXなどからお待ちしております。

企画は日本自然保護協会の『自然しらべ2018 身近なアリしらべ!』です。

身近なアリしらべ!記事: https://www.nacsj.or.jp/shirabe/2018/06/11192/

参加マニュアルPDF: https://www.nacsj.or.jp/official/wp-content/uploads/2018/06/shirabe2018_manual.pdf

開催は7月21日〜9月30日ですが、当畑での調査はイチジク期間を除く7月23日〜7月30日までの間に行いたいと思います。

お一人〜数人が協力していただけるなら日程を合わせたいなと思っております。

意外に多かった場合は、……ぅ〜ん…ないでしょうね(笑)。

そんなわけで、とりあえず呼びかけます!の巻。

広告

★ スイカとの朝。

雌花に蟻がいるだけでほっこりするスイカ場所。

今まで苗の購入からでしたが、今回は種まきから見守っているスイカです。

雄花にも小さな小さな蟻。

早朝から雨が降ったり止んだりで夕方からは本降りに、深夜には雷雨と豪雨が来て。

梅雨明けが早そうな気配の中、この夏も猛烈な酷暑との見通し予報を耳にしました。

スイカを眺めて涼しいフリをするしかないですね。

3cmに満たないスイカとか、

7~8cmほどのスイカとか、

15cmほどのスイカとか。

涼快スイカを眺めて灼熱色の果肉を想像する楽しみ。

ほっと一息のニマニマ。

カラスのよだれ色を感じるスイカとの朝をまた。

★ くびれが簡単にできちゃうPステップ。

くびれが簡単にできちゃうピーマンステップをご紹介します。

ウエストらしき箇所をキュっ!

ヒップらしき箇所もキュっ!

ピーマンらしく構えたまま、ちょっと伸びるだけ!

簡単すぎて飽きちゃった場合はすぐに食べてもらえるので安心です!

くびれ測定マイスター・アリんこ利用も周回無制限でなんと無料!

今なら秋まで「熱視線浴び放題」増量キャンペーン中!

お問い合わせはグリーンダイヤルセンター、(株)アイジョウヒツヨウまで。

★ まくわうり祭りをお盆で。

わっしょいわっしょいと、蟻のイチジク祭りが盛況です。

朝晩がだいぶと涼しくなってきました。

日中の酷暑は続くものの朝晩が涼しくなる頃がイチジクのはじまりの合図です。

毎年繰り返しますが、はじまりましたとお知らせしてから実際にお届けできる状態になるまで少々時間を要します。

果肉の状態と味チェックの日々でして。

本夕、たこ焼き屋ポルポさんで開催の『第57回 ポル☆シェ芦屋』にトゥルルンイチジクは連れて行けそうにありません。

台風だった一昨日とお昼頃まで雨が降ったり止んだりだった昨日の影響も少しはありますが、どちらかというと、開催日にはほんのちょっとだけ早かった…、という理由です。

楽しみにしていただいているのにお応えできずで…。わざとジラしているわけではないので勘弁ください。

と言いつつもイチジク採れた際はTwitterとFacebookでお伝えしますね(笑)。

そんなわけで、本日の主力はマクワウリです!

サーモンピンクの雫が煌びやかなり。

カジカジされていないマクワウリを連れて行きますのでご安心を。

マクワウリ日記はとっておき情報と共に後日更新します!

日持ちもするのでお盆のデザートに最適かと。

食べだすと止まらなくなるマクワウリを堪能いただけますよう。

しっかり冷やしてお召し上がりください♪♪

★ 満月からの雨な夏至。

IMG_6548

夏至を迎えた雨の朝、太陽顔の金柑の花ちらほら。

IMG_6552

熱心なアシナガバチの食料調達労働によりナミアゲハイモムシの姿になかなかお目にかかれず。

IMG_6553

金柑の蕾たちも華を添える存在が足りずで寂しがっているはず。

IMG_6556

金柑の蕾のもと、相変わらず仲良しな蟻んこたちとアブラムシ。

IMG_6558

雨空色に同化する金柑の蕾。

IMG_6560

蜜開きを待ちわびている蝶々たちは雨でもめっぽう元気。

IMG_6554

金柑の蕾よりも夏至の雫よりも小さな守護神の蜘蛛たちは、

IMG_6551

拡張祭りの客引き応対にお忙しいよう。

蟻んこの安全指導も蜘蛛の命綱もない人間社会の高湿度の日々、雨の日、交通移動時の事故や怪我などにもお気をつけて。