タグ別アーカイブ: 里芋

★ 地上を夢みれば、現。

地上を夢みれば、現(うつつ)。

少し遅めの植え付けだった里芋が無事に出てきてくれています。

左側の里芋の葉で日光浴している奴がいらっしゃいます。

左団扇のアブラムシ。

小作に見つかったが最期。

地上を押しのけていく健気な里芋。

夢か現か幻か。

里芋も悟っていく、夢も現も幻も。

写真背後のトンネル畝がひとつ前の日誌のトウモロコシ場所です。

5月最終日、恵みの雨に歓喜。

サトイモ中継にて。

 

★ タロット計らい。

雑草輝く緑の一列は、種芋用に残していたサトイモです。

12月の収穫始めに今期は豊作ではないとわかり、多めに残していました。

平均して一株分が片手にちょこんと乗る程度なので、まずまずの豊作時に比べると10分の1ほどの実りです。

掘り出した種芋になるサトイモはすでにお目覚め中。

種芋確保、ゼロでなければよし!

少ない成果でも十分と思い込む感情操作術だけが磨かれていきます。

地震、台風、浸水、酷暑、冷夏、干ばつ雨不足がありませんようにと念を込め、サトイモから告げられたの種芋をまた植え付けるのみ。

種芋掘り出しの際に姿、特大からミニチビサイズまでの夜盗虫をたくさん捕獲できました(嬉しくはない)。

密集・密接・密閉の夜盗芋虫うっじゃうじゃ3密写真は今回は見送ります。

サトイモ中継にて。