タグ別アーカイブ: Asota ficus

★ ORGANIC FILM&MARCHE 2018 ありがとうございました。

7月14日(土)に開催された映画祭『ORGANIC FILM&MARCHE 2018  ~未来の食卓へタネをまく~』でイチジクの話し手として参加させていただきました(告知日記はこちら)。

イベントの数日前にイチジクといえば!な子に捕まりまして…、

イチジクヒトリモドキ「イチジクにタネ(子孫)をまいてること、話してね?」

と念を押されていたのですが彼らのことは省かせていただきました。

イチジクの流通事情に重点を置き、イチジクがこれ以上の窮地に追い込まれていく速度が少しでも和らぐきっかけになればという思いで頑張ったつもりでしたが、ぅ〜んどうでしょうね。

話の随所がぶつ切りなってしまいましたが、少しでもイチジクへの理解が拡がれば幸いです。

登壇はシャンデエルブ代表(兵庫県姫路市)の田中氏とご一緒でき光栄の限りでした。

他のお話の回では足立醸造(兵庫県多可町)さんと大徳醤油(兵庫県養父市)さんの若き担い手の二方によるお醤油のあれやこれやなお話が面白かったです。お醤油の現場のお話はなかなか聞ける機会がないので、時間が短かったのが悔やまれますね。

今回の話し手の皆さん、兵庫県内から大集結でしたね。

終始賑わっていたマルシェの様子は出店者さんのSNSなどで見るのがオススメかと。

4本立ての映画祭は長いようで短かったですね〜。『一滴のだし』にあった草木灰をご飯にふりかける実験はイチジクの草木灰で試してみる価値はありそうです。

楽しみにしていたペルーのカリスマシェフ『料理人ガストン・アクリオ』は、まず先に漁師や農家など生産者を慕い敬う姿勢が徹底している様子が描かれていました。気質は違えど英国人シェフのジェイミー・オリバーと重なる部分が多く興味深かったです。

そんな世界の革命児シェフたちと肩を並べる日は明日か明後日かと皆の期待を背負う野菜ビストロレギューム代表のシャイニー・シャイな田中シェフのお料理を懇親会で堪能できることに!

シャイニー・シャイ田中シェフと呼ばざるを得ない理由はお話の回で明らかかと。

阪急神戸線「西宮北口」駅すぐのなでしこビル8Fにあるレギュームさん。

シャイニー・シャイ田中シェフのフルコースをバイキング形式でサラダ、メインといただきまして。

テーブルでご一緒できた方々のお話が途切れることなく面白過ぎましてね…。

この食いしん坊小作、閉幕解散後に痛恨のミスに気づきましてね…。

締めのデザートを食べ損ねていたのです…。

ケーキは焦げ茶色のガトーショコラ系だったはず…。真っ白な生クリームも添えられていたはず…。暖色系のベリーソースもかかっていたはず…。

デザートを食べ忘れるとは…どうかしてたぜ。

イチジクヒトリモドキ「ほんまどうかしてるぜ」

食べ物への執着については分かり合えそうな彼らのタネ(子孫)の回収にこの夏も励みますぞ。

『ORGANIC FILM&MARCHE 2018  ~未来の食卓へタネをまく~』に参加させていただき、ありがとうございました。

また一つ、貴重で素敵な体験と思い出が増えました。

広告

★ イチジクヒトリモドキ 成虫。

こちらはこれっぽっちもワクワクしない『湧く枠祭り』が開催されるイチジクの葉のイチジクヒトリモドキ幼虫のワクワク賑わっている様子は今まで幾度か投稿してきました。

成虫を見かける瞬間もありましたが素早い逃避行の連続で今まで姿を撮らえることができずでいましたが、数日前に写真を撮ることができました。

IMG_6656

ミカンの樹沿いのネットに一時停止していたイチジクヒトリモドキ。

どちらかというとミカン、キンカン、ビワ類を彷彿とさせる色味デザインかな。

『湧く枠祭り』2期決定を知らされた気分…。

写真を撮れたがために今回も捕獲し損ねたので後悔しました。

この時期に見かけるカマキリたちはまだ5センチあるかないかなので成虫イチジクヒトリモドキを狩るのは少し困難なのかな。真面目にカマキリに訊きたいところです。

一夜明け、成虫イチジクヒトリモドキが憩っていた場所には、

IMG_6668

セミが卒業しておりました。

雨のたびに鳴き声の騒音量が高まっていきますね。

★ イチジクヒトリモドキ2016。

IMG_6402

セマダラコガネ「モドキが湧いてるで」

IMG_6397

イチジクヒトリモドキ「湧いたんはちょっと前やしな」

IMG_6416

イチジクヒトリモドキ「湧いたんはだいぶ前やで」

何年経っても、うわぁぁぁ〜と身の毛がよだちます。うっじゃぁ〜な孵化後まもない湧きまくりな毛虫画像大好きな方は前身ブログをご覧ください☆

IMG_6401

イチジクヒトリモドキ&小作人「食べてみる?」(主様の目の前に落としてみたら…)

IMG_6403

イチジクヒトリモドキ&小作人「おいコラ」

IMG_6417

密集せず、かなりゆとりをもった卵の配列を発見。これぞ真のゆとり世代。

イチジクヒトリモドキを取り除くのに約3日かかります。1日目は一本一本くまなく探し回って、残り2日は見逃し&取り残しを探し回り(こちらの気配を察知して素早く葉の裏へ隠れるので)。彼らはすべて水を張ったバケツに投入(糸で這い上がってくる強者もいるので逃亡も見逃さぬよう)。

薬剤を未使用だとイチジクヒトリモドキにもこうしてお目にかかれます。会うたびに全身が痒くなるお相手です。

葉を食べるだけなので放っておく手もあるんですが、日よけ作業帽子のツバに乗っかってウニョウニョした影に気づいた瞬間からの全身毛虫じゃら感覚な過去の体験以来、放っておかずに溺死策を採用しています。

IMG_6396

なんせ主様は食べてくれないもんだから。

イチジクヒトリモドキとともにゾワゾワしまくりの週後半でした。