タグ別アーカイブ: bee

★ コミュニケーションデレデレディレクター。

振り返り日誌、かぼちゃ2019。

今回の写真は7月から9月に撮りましたが、栽培期間は5月の種蒔きから収穫終了の10月までです。

かぼちゃも花の中を覗けば楽しい光景に溢れています。

今夏も目尻を垂らす日々をいただきました。

花粉まみれ〜!

花粉まみれのまま疾走。

花粉が落ちていく〜。

花粉まみれのまま、右往左往。

上写真の花は雄花です。

花粉の運び屋から恩恵を受けた雌花の結果。

目尻シワシワ。口角も跳躍。

受粉後からの膨らみ時間が長くて長くて。

横目でチラチラ。

収穫までの待ち時間も長い長い。

「コミュニケーションディレクター」ってなんぞ。

コミュニケーションデレデレディレクターなら畑にたくさんいるぞ。

と思った本日は冬至なり。

かぼちゃ2019はなんと大豊作でした。

これまでで最も収穫個数が多かった。

なぜ豊作だったのかがわかりません。

豊作理由がわからないので来期も同じ品種を栽培してみる予定でいます。

 

★ 秋の紫を辿る。

夏ナスを頑張ってくれたナス。

秋ナスを迎えるために夏ナスの枝葉を8月中旬に切り戻しました。

秋ナスの葉と花は今のところ元気な模様。

秋ナスの紫を一所懸命に辿る子たち。

紫での所作に見惚れる秋の酷残暑。

 

★ 雨のイチジク カルチャータイム。

おはようございます。

セグロアシナガバチです。

雨が続くおかげで、とろけるイチジクシロップが飲み放題で今日も朝からほろ酔い気分です。

僕らは嬉しいんですけど、小作人は少し複雑そうです。

ここはイチジク好きさんにイチジクのことをうんと近くに感じ取っていただく場なんだから写真を見ていただきましょうと小作人に身振り手振りで伝えたところ、比較画像を用意できたとのこと。

早速ご覧いただきましょう。

雨に打たれ過ぎて弱々しくなってしまったイチジクたちがこちら。

これは昨日のイチジクたちです。

もしかするとこの絵がイチジク初見の方がいらっしゃるかもしれませんね。

それでは長雨の影響を受けていない時のイチジクたちをご覧いただきましょう。

いかがでしょうか。

この違いを言葉だけで伝える術を小作人も模索中です。

「雨の影響」は各種様々ですが、イチジク好きさんにはイチジクの雨の影響を知っていただきたく。

さらにイチジクの樹でスタンバッていたイチジクの姿も比べてみましょう。

こちらが採れないイチジクです(撮影は昨日)。

僕らが満面の笑みで飲み放題できるイチジクです。

そしてこちらが採りたいイチジクです。

んん〜♪ 僕らが手を出せないほどの美しさ!

差は歴然と感じていただけたなら幸いです。

雨のイチジクカルチャータイム、いかがだったでしょうか。

こうしてイチジクの雨の現場を把握していただくことも農援の一つと受け取っていただけると小作人も喜びます。

気温も低く、曇りや雨が続くようなので本調子に回復するまで見守る日々が続きます。

本調子が戻り次第、またお届けのお知らせをしますね。

それではイチジクシロップ飲み放題に戻らせていただきます♪

愛読ありがとうございました!