タグ別アーカイブ: eggplant

★ 新しいアイコンを作成しました。

こちらは良い塩梅の雨の日に撮り採ったナスたちです。

3日からの大雨がまだ降り続いているので心配事が尽きません。

被害が最小に済むことを願うばかりです。

雨続きのおかげで何かと気が休まらない中、途中で放置していた畑屋号の新しいアイコン画を完成させました。

自分で描いておいてなんですが、テルってる畑。の「。」役はミミズなのですがパンに見える…。

古びた用紙にカッチカチの絵の具を溶かして頑張りました。

筆先の震えの激しさに老いを感じ哀愁溢れましたが、たまにはいいもんですね。

モノクロ加工だとこんな感じに。

うーんやはり「。」役のミミズがパン菓子ちっく。

カマキリ、蜘蛛、蟻、ミカンや野菜と詰め込みたいものはたくさんありましたがイチジクの葉っぱとミミズだけで十分かなと。

決して投げやりではございませんのよ。

屋号名と伝えたいものをコンパクトにする力量、今はこれが目一杯で候。

そんなわけでして新しいアイコンをよろしくお願いいたします。

P.S.「。」部分はミミズです。

広告

★ 健康で芸術的な最低限度のなす活。

今季の健康で芸術的な最低限度のナス活も始まっております。

汗だくで隠遁的な最低速度の小作活に潤いを与えてくれる芸術的な瞬間。

ヒメカメノコテントウのファッショナブル過ぎるナス旋回。

足音やBGMなど音的に口ずさむかナス役テントウ役の台詞を吹き替えるか無言で目を細めるだけかでその時の己の心の空模様を計ることもできるナス活。

ナスからの直視に思うは。

少し前に、ケン・ローチ監督の映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』(原題: I, Daniel Blake /2016年イギリス)を鑑賞し、日を置いて関連のドキュメンタリー映像『ヴァーサス/ケン・ローチ映画と人生(原題: VERSUS The Life and Films of Ken Loach )』も観ました。

『わたしは、ダニエル・ブレイク』からは草刈りが捗ったほどの余韻をいただきました。

ゴールデンタイムで放映されればなぁ…と思うばかり。

ドキュメンタリーでは本国上映の際に国内から「自国を悪く描くな」といった類の批判が溢れた件も明かされていたのですが、物語や背景・人物像の描写を読み解こうとする解釈力のような客観的消化力のような、表現を観る術のような何かが衰えていく不穏な空気も少し感じました。

「健康で文化的な最低限度の生活」

健康とは、文化とは、最低限の生活とは。

新たに加わった小作的おすすめ映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』。

こちらの立派な花髭は、健康で芸術的な最低限度の長茄子活。

★ ミッドナイトパープル。

アリだらけ蟻尽くしな畑が身近なだけあって、ヒアリ速報も気に留めております。

Twitterでフォローしているアリ学者や昆虫学者らのヒアリに関する情報も時折静かに眺めつつ、畑で黙々とアリたちへ小作の独り言を浴びせています。

働きアリも黙々とお世話中の今季のナス場所。王道の大衆ナス。

縦縞模様のナス「縞むらさき」。

縞むらさきの特徴は、

〔肉質は緻密、なめらかな食感で油を吸いにくい肉質のため、素揚げやオーブン料理に最適〕

とのこと。

20~30cmほどの写真を撮らずじまいですが、細長茄子の「味むらさき」です。

味むらさきの特徴は、

〔果肉は白色で、肉質は緻密でよくしまり、炒め物などに最適〕とのこと。

白茄子とあまり変わらない淡い葉色のこの茄子は、

「長緑(ちょうりょく)」です。

細長くまっすぐな姿の写真を撮らずじまいです。

長緑の特徴は、〔果肉は柔らかで甘みが強く、焼きナスにして美味しい、食味は抜群です〕。

まとまった降雨が来るまではなかなかナスを食べられずでした。

長緑は最近やっとこさ採れはじめました。遅咲きなところも白茄子と似ていますね。

用途の広さだと王道の大衆ナス(千両)が王者かなと。

煮くずれのしにくさと、旨味になるナス特有の甘味とエグミが縞むらさき・味むらさき・長緑それぞれに違いがあるのでナス生活の楽しさは抜群です。

詳しく伝えられるように4種を多彩に味わおうと食すたびに、「夏しか食べられないナス、美味しい!」と簡素に完結しているので、難儀です。

4種とも、肉質は緻密で甘くて美味しい(からこそ、違いの説明が難儀です笑)。

和風、洋風、中華、焼きナス、煮びたし、浅漬けと、夏と秋にしか食べられないナスをとことん。

とことんミッドナイトパープルな茄子たち。

★ 夏ナスから秋ナスへ 〜切り戻し〜。

IMG_6992

灼熱のナス生活を彩ってくれた夏ナスたち。

秋ナスへの「切り戻し」作業の暦的最適期はお盆辺りの長潮・若潮・中潮。

つまり今年度は8月13日〜17日の間。

ということで、昨日17日にナスを切り戻しました。

IMG_6993

切り戻し前からの

IMG_6994

切り戻し後。

白ナスも合わせて全部で9株、間に合いました。「イチジク手一杯のおかげで〇〇作業が遅れた」的な情けない事態をひとつ回避でき安堵。

極小ナスは丸ごと即席お漬物にして楽しみます。

IMG_6995

ポツンと残されたラスト茄子侍「孤独に耐えるぞい♪」

★ ミツバチの日のポル☆シェについて。

IMG_6878

花が薄紫色で葉緑が淡く、トゲトゲがちゃんとトゲトゲしい白茄子。

IMG_6879

少量ずつの多種多品目栽培なので、夏野菜は特に収穫日(欲しい日)と収穫できる日を合わせることがむずかしいです。

この白茄子たちも然り。

上写真の白茄子2本はお先に就食内定をいただきました。

一枚目の白茄子は間に合うかな〜どうかな〜という悶々日が8月3日まで続きます。

お盆休みの変動で8月の『ポル☆シェ』の開催は第1週目の水曜日です。

みつばちの日にしてハチミツの日ですが真山養蜂場さんはお休みです(惜しい!笑)。

〜たこ焼き屋ポルポさんの夕市マルシェ〜

第45回『ポル☆シェ』

8月3日(水)16:00~21:00(出店者により異なります)

場所 : 兵庫県芦屋市川西13-6 ポルポ広場/最寄り駅 : 阪神芦屋駅 西改札出て15秒

今回の出店者は、ヒカリノmutsu cafe(16:00~18:00)/有頂天晴果(17:00~21:00)/藤井農園(時間未定)とやや少ない印象ですが、身体喜ぶ元気盛り盛りな旬の食材などご用意してお待ちしておりますのでご贔屓と農援よろしくお願いいたします!

テルってる畑。出店時間は17:00~19:00を予定しています。

当日の就食内定希望作物はFacebookまたはTwitterでお知らせになるかもしれません、フォローくださると嬉しいです。

ポル☆シェについての詳細や過去開催の様子などはこちらを参照ください。

IMG_6881

カラーピーマンのオレンジピーマンがやっと色づき始めました。

IMG_6882

色づくまでとにかく時間をかけるカラーピーマン。

IMG_6883

ですが毎度のこと、カラーピーマンは美しく色づいてくれるのと同時に、

IMG_6884

どこかしらフニャるんですよね〜。

フニャらないカラーっ子は今回も微量に実ってはくれるでしょうけれども。

カラーピーマンのなぜなにフニャ不思議。

同じような風土環境でフニャらせていないカラーピーマン栽培者とお会いして有益なフニャ情報を得られる機会を探そうと少しばかり思うこの瞬間。

少し色とりどりなお野菜たちもイベント出店時に一緒に出せると一味違った面白さを味わえるんですが、これもタイミングを合わせられるかどうか、むむむな心境です。

さて何が出揃うでしょうか、8月3日に収穫される面々をどうぞお楽しみに♪