タグ別アーカイブ: harvest

★ 祝! 2代目しょうが収穫♪ 種生姜貯蔵で3代目しょうがを目指すべし。

去年の秋に収穫し、2015秋〜2016春に貯蔵保存した種生姜を植えつけてから約7か月。

消費組の2代目しょうがと3代目になる予定の貯蔵組種生姜を収穫しました。

生姜収穫の最適期は下弦の小潮なのですが10月の下弦小潮を逃してしまい、11月は20〜21日なのでもう少し待てばというところですが、念入りな乾燥が期待出来る晴天続きに合わせて前倒ししました。

img_7759-2

陽当たり良好だった生姜畝半分と、

img_7758

陽当たり半分良好だった生姜畝半分を比べると葉の伸び高が違う結果に。

img_7757

遠近法を引いてもこの差です。葉丈およそ15〜20cmは差が出ており、手前のミカンの木陰側の畝生姜が長身です。

生育期間通して畝の雑草保湿マルチは平等に施したんですが、陽当たりの威力がくっきりと披露されました。

中央部分の隙間は販売出店のために先に掘り起こした跡です。

肝心の実り格差はというと、陽当たり良好組がほんの少し華奢めがやや多かったかなと。

陽当たり格差と言ってもほんの少しの時間差なのですが、土壌と作物にとっては夏場の乾燥差は非常に大きいようです。

生姜は乾燥大敵なので雑草保湿マルチは欠かせません。

img_7760

これでまた、すりおろし生姜入りのお味噌汁で冬をしのぐ日々を送れそうです。

img_7761

掘り起こし始めは歓喜の微笑ながら、腰を折るたびに無表情。

img_7762

よく乾かすべし!ですが、日中時間はとても短く。数日、外干しを繰り返します。

img_7763

傷をつけずに慎重に丁寧にやさしく土壌を落として、消費組と貯蔵組の選抜です。

たらふく消費する食材薬味を生み出してくれる畑と環境がありがたい限りです。

種生姜からの生姜2代目、めでたき大成功。

3代目への種生姜の貯蔵保存の成功を目指したい所存。

★ 二十六夜キャベツとカマキリ、大雨の前と後とか。

img_7113

久しぶりのカマキリの姿に目を細めてそのまま眠りにつきたかった8月28日の日曜日は二十六夜だったので、キャベツの種をポット蒔きしました。

img_7114

翌29日月曜の早朝にじゃがいもを植え付けました。秋ジャガは腐りやすいので切らずに丸ごとの植え付けです。といってもすで半分腐りかけていた2個は腐りかけの部分だけ切り落として植え付けました。この写真の後、小雨が始まったので大急ぎで土盛り盛り。

img_7123

じゃがいも完了の後はすぐさま今季のファイナルスイカを収穫しました。大雨割れ回避に間に合いました。

台風の影響で大雨だった月曜29日は、雨がはじまる前に収穫したイチジクの急遽な配達に走り回りました。

イチジク狩りも悪天候による中止になったので、雨風・台風到来著しい天候による気持ち悶々期間こそイチジクの最盛期、つまり秋の訪れ本番の秋風の香りに包まれて戦々恐々しております。

そして大雨明けて翌火曜は、待ちに待ったニンジン引き抜き祭り。

img_7128

長い期間、干ばつ気味で収穫を見送っていたニンジンをここぞとばかりに引き抜いた一昨日火曜と昨日水曜。

img_7127

天候とともに食卓事情も根っから左右されるこの胃世界です。

滞っていたお知らせも一気に更新しました。チェキらよろしくお願いいたします。

本日9月1日は新月。予定の種まきをどれだけ進められるのやら。

長い冬の胃世界のために、華やかながらもえげつないこの時期をなんとか踏ん張って乗り切りたいところです。

★ 虫の日じゃが。

6(む)月4(し)日。

IMG_6339

ずっしりと爽やか風味を楽しむ新じゃが開幕。

虫の日の夕刻にジャガイモを収穫しました。

私が掘った数よりカブラヤガが掘った数が上回っていた男爵とメークイン。

虫じゃがの今季は不作となりました(カブラヤガ的には豊作)。成長が途中で足踏み状態だったので予測範囲内ではあるけれど実際には豊作テンションが恋しくなる瞬間です(カブラヤガを見つめてもテンションは上がらない)。

IMG_6340

まだ空が薄ら明るい6時頃に雨が降り出しまして、収穫少量のおかげで作業が間に合いましたとさ(笑)。曇天さま涼しげさまさまです。

タマネギ〜ニンニク〜ジャガイモと収穫作業が続いて昨夜は爆睡バタンQ。

おかげで虫満載の狂喜乱舞な夢を見ました。虫の日に合わせて虫日記をここでたくさん投下したかった願望がちゃんと夢の中で再現されて御の字です。

天気予報の便りでは梅雨入りしたとのこと。

6月の収穫組を今週中に任務完了しておいてよかったよかった♪

 

★ にんにくあまおう。

IMG_6314

にんにく尼王でにんにく甘王なにんにくあまおう。

IMG_6311

昨日の朝にニンニクを収穫しました。

IMG_6308

短かすぎて収穫を見送った残留組のにんにくの芽は、とっても可愛い紫がかった桃色に。

IMG_6309

そんな可愛い色住まいの主は蜘蛛ちゃん。

獲物を引きずり込んだばかりかな、ミニバエらしきものがジタバタしていました。

IMG_6310

一昨日はタマネギの薫りに包まれ、昨日はニンニクの薫りに包まれ。

IMG_6315

身震いするほど冷え込んだ朝からの夏日満開の正午にニンニク任務完了。

風は冷たかったので、こりゃ汗冷えからの風邪をもらうかもと久しぶりに熱めの湯船で風邪回避して、どうしても肌が露出する顔まわりはめちゃんこ火照っていたのでアロエ果肉で冷却しながらの爆睡コースでした。この流れ、あともう一回、ジャガイモ収穫にも適用予定です。

一輪車に積み上げたニンニクの葉はスイカの畝に敷き詰めました。スイカ歓ぶ掴み所となるはず♪

★ 洒落たま2016。

IMG_6293

二十六夜の昨日はタマネギを収穫しました。

貯蔵収穫に最良期の下弦小潮は5月30日月曜までだったので2日遅れましたが、次の下弦小潮の6月27日からだと収穫には遅すぎるので、雨が来ぬ間の快晴時に体力を振り絞りました。

IMG_6296

地球の大黒柱、ミミズが振り絞ったプリプリプリズムもたくさん。口角あがるあがる。

根心の優しさに触れるとはまさにこのこと。

IMG_6297

どういたしましてと思ってもらえていたなら御の字です。

IMG_6307

新たに1年間お世話になる便利な大中小タマネギ、いただきました。

収穫した分、貯蔵する空間も必要ですからね…。街中の電柱と電線がヒサシ付きタマネギ掛けになっている夢を数回見たことがあるんですが、なんせ夢設定なのでえげつなく長い梯子をかけないとタマネギに手が届かない高さで、まるでジャックと豆の木タマネギ編、全回ともタマネギに指が触れる寸前で梯子から落っこちるところで目が覚めるという…続編を見られる日はいつぞ。

都会でタマネギ栽培者が増えればタマネギ貯蔵空間が整備される日もそう遠くないかもしれません。タマネギ2017仕込みは今秋9〜10月です。