タグ別アーカイブ: Hierodula patellifera Serville

★ 蟷螂と祝い、蟷螂と願う子。

春のお祝いでチュ。

昨シーズンの夏野菜に使用した竹材に産卵してくれたハラビロカマキリに感謝でチュ。

赤紫蘇に産卵してくれたチョウセンカマキリ(ムナビロカマキリ)に感謝でチュ。

この状態でも薫り豊かな赤紫蘇でチュ。

こちらは農援者さんからの贈り物、オオカマキリでチュ。

畑に持ち込んでくださり、感謝いっぱいでチュ。

ありがとうございまチュ。

増殖しちゃってる竹やぶに産卵してくれたチョウセンカマキリでチュ。

竹の伐採もぼんやりできないでチュよ。

農兵カマキリの新世代たちにあっぱれでチュ。

竹やぶ伐採は続くのでまた見つかるかもでチュね。

彼らが孵るのは5月以降でチュ(異常気象がない場合)。

暴食組の昆虫を喰らってくれるカマキリでチュ。

大小獲物のちょびっと喰いをたくさん繰り返すから捕殺量トップレベルなのでチュ。

頼れる奴なんでチュ。

街中や出先で見つけたら、どうか丁重に見守ってほしいでチュ。

2020年もカマキリの尊さをしつこく主張していくでチュ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『いせ辰』のめでたい干支子タオルは農援者さんからの贈り物です。

ありがとうの連続です。

ここでクイズです。

あっぱれ写真を撮り終えた後に接着面からポロリと離れてしまった(落ちちゃった)卵鞘はどれでしょう。

ヒントと正解は3月27日回です。

落ちちゃった瞬間の小作の似顔絵当てクイズでも良かったかなと思いつつ。

新世代カマキリたちを祝う回でございました♪

 

★ ここからもファイン。

天を指すもふもふ。

美しの枇杷です。

目線を下げてみれば。

ハラビロカマキリの卵鞘です。

カマキリと枇杷のファインプレーに酔いしれます。

お外お散歩の際は草花樹々の芽吹きと合わせてカマキリの卵にも注目してみてください。

出会えるのはオオカマキリかハラビロカマキリかチョウセンカマキリかヒメカマキリか。

帰宅時の手洗いファインプレーも忘れずに。

 

★ 秋雨カマキリ前線 無花果ウルルン滞在記。

img_7288

ハラビロカマキリ「イチジク好きすぎるみなさまこんにちは。秋雨前線によりイチジクお休み続行なので、現在進行形でお世話になっている取扱店での魅惑の変身イチジクもお休みになります。少々がっかりなお気持ちをどうか次の登場までのワクワク枠に置き換えていただけますよう」

img_7287

ハラビロカマキリ「っ!……ぉゃ…ぉゃぉゃぉやまぁ。台風17号の囁きが………!」

カマキリも顎が震える始末……と威嚇ポーズにこじつけたいこの気持ちをここで共有。

畑の外側へ出ちゃいそうなカマキリは畑内陸へ強制移動させる日々、今年もまた。

img_7289

イチジク好きすぎるみなさんのトゥルトゥル段取りやシェフ含めお店のトゥルルンな予定が狂っちゃう事態は毎度心苦しい次第です。

露地イチジク、雨天曇天が長く続けば残念なお知らせも続出ですが、暴風でなぎ倒されたわけでもなく天候さえ持ち直せばまたトゥルトゥルと本調子に戻るので、一時だけの辛抱な状況だけで御の字です。

こういう頃合いは身体を動かしている瞬間は暑く感じますが、その瞬間以外はけっこう冷えますんで、発汗と体温調整に気をつけて秋風邪ドン引きを回避したいところですね。