タグ別アーカイブ: insect

★ 大阪ぐりぐりマルシェ ~ぐりぐり盆盆マルシェ~ 。

8月12日(土)に開催された、大阪ぐりぐりマルシェ『ぐりぐり盆盆マルシェ』回に出店させていただきました。

イチジク出店するには時期尚早でしたが、なんとか採れまして…。

実りはじめなので厳選に時間がかかりましたが、パック詰めが終わったこの瞬間は胸を撫で下ろしました。

「見た目は美味しそうなこの子、もしかするともしかするぞ…(パカッと割ってみる)」

あぁ、やはり残念ちゃんだったか…なイチジクなら御の字。

ぁぁあ!やはり最高な子やったやないか!…なイチジクは試食イチジクとして連行。

そんなわけで、実りはじめは就食イチジクより試食イチジクが多くなっちゃいます。

難波神社の御神木の御側にてイチジクとマクワウリの就食活動させていただきました。

無添加・非加熱ハチミツの真山養蜂場さんのお隣にて。

イチジク、マクワウリともに完売いただきました、ありがとうございます!

そしてなんと、神戸、茨木市(大阪)、遠くは京都と、遠方からイチジク食ッピングに足を運んでいただいたことにただただ感服の限りでした。

こんなにも可愛がっていただいているイチジクは他にいないんじゃなかろうかと思わず思ってしまうほどです。

主催運営の重鎮氏は初夏に当畑を見に来園くださいました。まだイチジクたちが青々とした時期でしたが、畑の姿を確認いただいたように農家や作り手をちゃんと知ろうとしてくださるぐりぐりマルシェさんです。

お盆休み突入期間でも来場者さんが絶えなかったぐりぐりマルシェさんに農っからせていただきました。

9月開催日もイチジク出店でエントリー予定です。当選するか否か…、吉報の際は即お知らせに追記します。

大阪ぐりぐりマルシェ https://green39.jimdo.com 】

クマゼミ「イチジクご贔屓食ッピングありがとうございました!」

イチジクの年中守護神「クモ」「アリ」と一緒に期間限定で現れる守護神「セミ(多くがクマゼミ)」。

枝木よりイチジクの足元に転がる姿が増えてきたお盆期間、無事にお盆休みを過ごされていますよう。

★ ポル☆シェ芦屋 57ポル。

コガネムシ族ではない、「イチジクと言えばこの虫!」が下の写真に写り込んでいます、さて何方でしょう?

答え合わせはおしまいにて。

予想通り、8月のポル☆シェには間に合わなかったイチジクです。

来週水曜の『ちょいポル☆』から登場できるはずなので、しばしお待ちいただけますよう。

就食面接に向かわせた、豊作のマクワウリとお野菜少々は全員が見事な内定をいただきました、ありがとうございます!

お盆直前の8月9日水曜日、たこ焼き屋ポルポさんの夕市~夜市『ポル☆シェ芦屋』第57回目。

阪神芦屋駅「西口」の踏切からのポル☆シェ図。右奥が改札口への階段です。

今回も農援者さんで賑わっている光景は撮れず。

「☆」は反映されないので、「#ポルポ芦屋」又は「#ポルシェ芦屋」タグで広めていただけると嬉しいです。

今回は各出店者さんのあんな逸品こんな逸品のご紹介を。

真山養蜂場さんの百花蜜が、今年の大阪府はちみつ品評会で見事、『日本養蜂協会会長賞』(3等賞)を獲得(拍手)!

真山さんご本人が自慢する気ゼロマイナスなので、周囲の私たちが言わねば、と。

百花蜜の蜜の透明感は写せるものの、風味の素晴らしさを伝えられずが歯がゆいところ。ぜひポル☆シェでひとペロンチョしていただきたいです。

八百屋・大日ファームさんで異色を放っていた、「バナナまくわ」。

香りがバナナで味はマクワウリとのこと。マッカ好きな方はぜひお試しください。

トゥルルンイチジクを求めてお越しいただいたイチジク大好きさんが有頂天晴果さんに選び抜かれたイチジクを食ッピングの図。

「イチジクの時期=お盆」を覚えていただいていることに拍手喝采です。

お盆期間のお野菜と果物の調達にたくさんお越しいただいて御の字です!

台湾の食べるお茶・擂茶(れいちゃ)専門店、松茶商店さんの新商品、ついに登場!

『食べる擂茶バー』、写真は少量パック分です。

企画立ち上げから完成まで半年もの月日を要した逸品、さりげない甘さはなんとお砂糖ではなくハチミツが使われています。なんと贅沢な…。

ここでは省略せざるをえないほどの素材の厳選っぷりは松茶商店さんの公式にてご確認ください。

りんご専門店・林檎道さんの、左からディスプレイ化りんご帽、新しいりんご帽、ポルポさんのビーチスイカ。

夏場に嬉しい、甘くて酸味の強いニュージーランド産のりんご「JAZZ」は今月いっぱいで今季終了とのことで、私も多めにJAZZ食ッピングしました。

JAZZりんごとの一旦さよならは国産りんごへのバトンタッチ!楽しみですね。

天然酵母パン・ヒカリノmutsu cafeさんは18時からの登場でした。到着後間もないお姿は写真2枚目の全体図に写っておりますが、出品チェックは撮り逃してしまいましたオヨヨ。

イベント出店農家さんとのコラボパンの発展著しいmutsu cafeさんの最新情報はSNSでチェキらくださいまし♪

お盆休み前ということもあり、来場者数はやはり気になるところでしたが、多くの農援者さんが駆けつけてくださいました。

曇天ながら蒸し暑い中、ありがとうございました!

マクワウリは日射や高温湿度にさらさなければ日持ちがしますんで、お盆の期間に十分に楽しんでいただけますよう。

次回ポル☆シェ芦屋、第58回は9月13日(水)に開催です♪

当畑のトゥルルンイチジクは来週以降、毎週水曜日に出店予定です、天気予報と超絶にらめっこ月間が本格始動です(笑)。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

テルってる畑。の Twitter や FacebookPage でも情報を投稿しております、フォローといいねよろしくお願いいたします。

以下、ポルポさんと各出店者のリンク先です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一枚目の写真の影武者どこだ?! の答え合わせ。

葉っぱの隙間にチラッと影武者の脚が見えていました。

その葉っぱをペラリすると、

「ここにいたのだよ」とおっしゃる影武者とは。

イチジクの樹から出てきて間もない、キボシカミキリ。

右触覚を早速失っちゃって…なんと世知辛い。この後、キボシ殿の行く末は…。

小作人と目が合ったが最期。

★ 金髪フルーツ。

「この暑さ、もうダメ」

気温30℃超え、湿度80%超えの夏の世、ふんぞり返りたい気持ちをそのまんま体現してくれていたコアオハナムグリ。

7月に必ずや喪失する「8月9月を乗り切りたい気持ち」。

昨年までどうやって乗り切っていたのか、摩訶不思議。

みんなどうやって乗り切っているのか、摩訶不思議。

と、同じことを毎季ぼやいていますね。

この暑さに参ってくれないのがアワノメイガちゃんたち(まったく嬉しくない心境)。

アワノメイガ密着ドキュメンタリーを乗り切る気合が風前の灯火。

金髪フルーツ「アワノメイガにガシガシされてる、もうヤダ」

ヤですよね。

こちらではちょうど7月1日に蝉の一声があり、一斉に向け一声一声が熱気を帯びております。

8月9月のための体力を残すべく、7月は暑さに倒されない程度の「ほどほど」を心がけていこうと誓う7月のはじまりです。

「ほどほど」が難問組さん、一緒にほどほどをがんばりましょう!(笑)

金髪眩しい真夏のフルーツ、トウモロコシ中継でした。

★ トウモロコシ夏物語2017。

大嵐のあとは手入れ作業がてんこ盛りの大盛り。

東西南北へ傾いたトウモロコシたちを、

直立させて地固め。

全倒じゃないことが御の字!類の呪文が効くかどうかは気の持ちよう。

立ち姿勢が整って、ミナミヒメヒラタアブも嬉しそうに走り回っておりました。

トウモロコシにも強欲でなければ付き合っていられない夏物語、次回へつづく。

★ CanCam 7月号 特別付録『自撮り星型ライト』。

イチジク場所、イチジクの葉で憩うテントウさんを、

CanCam7月号の特別付録『魔法の★自撮りライト』で撮ってみたところ。

違いに気づいていただけたでしょうか。

超拡大すると確認できる星型ライト効果。

CanCam7月号の特別付録『魔法の★自撮りライト』の美肌…美葉効果いかに。

「★が浮かぶ!」よりも「★を探せ!」がしっくりきますね。

畑映えしているかどうか、蜘蛛と蟻に訊きたいところ。

畑で遊ぶに十分な、クリップ型スマホライト。

自撮りライト第1弾ハート型がSNSでザワついていたので第2弾を待っていたところ、星型が登場。

付録目当ては『ちゃお』のトレース台(照明台)以来です。

『CanCam』を購入したのも人生お初。

可愛いさを史上最強に眩しく撮れるこの星型ライトにより、暴れん坊大将軍カラスたちが目眩・立ちくらみアップアップで近寄りにくくなってくれたなら御の字ですよね。

第1弾のハート型だとまるでカラスたちに「食べて食べて、暴食大歓迎!」と解釈されそうですもん。

星型でキラキラを楽しみますよ。

作物映えするよう、小作力あげねば♪

いつだってフォトジェニックな誰かが映えてるイチジク場所からの中継でした。

★ 早くに始まり早くに終わり去る。

キュウリの両隣にニラを混植しましたが、ウリハムシにはなんのその。

香草刈り取り根元敷はこれまで試してきたので、今季は根ごと至近植えを試します。ニラ根っ子たちとの共生効果はいかほど。

脇から顔を出す若芽たちに期待を込めること半月。

少しず〜つ少しず〜つ、背丈が伸び。変化を感じない停滞期こそ愉快に辛抱。

脇いっぱいの花と芽に期待を注ぐ潅水の日々。

例に漏れずキュウリも雨でグンと伸びること半月。

しゃかりきシャキりのお姿ちらほら。

早くにはじまり早くに終わり去るキュウリ中継、次回へつづく。

★ 虫の日イベント 6月4日 ~ 野菜と虫の観察会と~ 開催のお知らせ。

写真は5月1日に撮った、畑で謳歌繁栄のモンシロチョウ夫婦。

録画していた番組『香川照之の昆虫すごいぜ!2時限目~モンシロチョウ~』を先日の雨の日にやっとこさ観ました。

1時限目トノサマバッタ回に引き続き、香川照之氏の昆虫愛が沸騰しとりましたね。

虫は観察するだけでも面白いですが捕獲となると時間はいくらあっても足りないというお手本てんこ盛りでした。

昆虫業で活き活きの姿に加え、有名大企業の殺虫剤のCM出演姿も活き活きされてらっしゃるという、正に活きる昆虫俳優だからこその業かと。

当畑の農援者さんの中にも虫好きさんから農作業大好きさんまで長期間の待機いただいていたかと思います、毎度ありがとうございます。いよいよやっと、虫と野菜の観察会を畑で開催しますぞ!

と、満を持して開催すれば都合により参加できないあるあるに落胆はしないのでご安心を。

以下、詳細です!

いつも独りで常時観察しているけど、一緒にマジ観すれば新発見の連続間違いなし!企画☆

【 虫の日イベント ~ 野菜と虫の観察会とちょい農っテクでー ~ 】

6月4日(日)

14:50 テルってる畑。に集合

15:00~16:20 野菜と虫の観察会>畑のすべてあるがままを観察します。

16:30~17:50 簡単な農作業「ちょい農っテクでー」>簡単な農作業をします。

18:00 解散

参加費・入園料なし、無料です。

途中退場OK、観察会だけOK、農作業だけOK、両方ぶっ通しOK。

小雨決行、悪天候時は中止します。

申し込み・参加予約は不要ですがFacebookで「参加」表示くださると嬉しいです♪ 来れない方も「興味あり」ポチってくださるとありがたいです。

Facebook表明が不都合な方は既存の連絡方法で一報ください(なくても問題ありませんが開催直前や当日は即対応ができない場合が非常に高いため)。

初めて来園の方は道案内を写真付きでお伝えしますんで問い合わせフォームから一報ください。

Facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/306558779758059/

〈野菜と虫の観察会について〉

畑を巡回しながら各作物をマジマジ観察します。写真を撮ったり捕獲したり(*注、下)、栽培についての簡単な質問にも答えますが高等な内容には程遠いので期待はなさらぬよう。

捕獲・持ち出し禁止の昆虫 ……カマキリ、トンボ、マイマイカブリ

捕獲・持ち出し大歓迎の昆虫 ……モンシロチョウ、バッタ類、コガネムシ科、ガ全般

〈かんたんな農作業・ちょい農っテクでーについて〉

以前、定期的に開催していた農作業体験みたいなものです。

普段の小作人の農作業をお手伝いするというよりは、「ちょっとだけ一緒にやってみましょか」な心意気でお願いします。

農作業への報酬や謝礼金はございません(放電や謝礼菌はなんぼでも)。

〈 持ち物、服装、他 〉

水分補給の飲料(自販機は畑の隣に有り)。

虫観察の場合、あると便利な虫かごと網。

農作業の場合、あると助かる農作業手袋。

軍手はもたつくのでお勧めしませんが選択の自由を優先ください。

素肌が露出する足元の場合は入園をお断りします。

暑さ対策は万全に!

虫の日にちなんで朝6:40から開始しようと企んだのですが思い止まりました。

指先ほどのトノサマバッタも一緒に追いかけっこできる当日を待ちわびております♪