タグ別アーカイブ: insect

★ 雨が恋しかった春。

灼熱続きで雨が恋しかったここ最近。

野良作業・春の山場、帰宅後バタンQ続きでお蔵入り日記も増える一方ですが、大人になりたてのテントウムシを片手いっぱいに集めてはソラマメ場所に放つ遊びも山場かな。

アップルミント広場がテントウ虫色の水玉模様で、ダブル斑点祭りです。

明日4月27日は『Yaini Rera Live &マルシェ』の開催日です(告知日記こちら)♪

ドライフルーツ以外にもお野菜を少々ですが連れて行きます♪♪

雨のおかげでゴボウもヘッドハンティングが楽ちんのはず。

雨予報が月曜日から火曜、水曜へと日々ずれていくと同時にこちらも雨に間に合わせようと力みまして。

連日深夜にしとしと降ってくれるのが理想ですが、やっと本日、恵みの雨降臨!

夏から秋までの食糧。

夏から秋、初冬までの食糧。畝にも播種しとりますのよ。

恵みの雨降臨に間に合った種蒔きあっぱれ!

ありがたき雨、ありがたき。

野良作業・春の山場はまだまだつづく♪

★ ちょいポル☆2月1日(臨時にちょいとポル☆シェ)。

img_8492

てっぺんミカンで隠居中だったミナミアオカメムシがミカン就農収穫を祝福した火曜日。

ミナミアオカメムシが新たな隠居先を探し求めているミカンを背に就食面談へ出向の水曜日、阪神芦屋駅前のたこ焼きBarポルポさんの水曜マルシェ『ちょいポル☆』2月1日。

img_8503

あまあっまミカンとキンカンの橙パレード、セミファイナルに近いファイナル面談。

キンカンも一粒残らず、ミカンもミカン大好きさんの優しい胃世界に安泰就食できた至福に極寒どこへやら。

ミカンをミカンの季節に目一杯楽しんでいただけるという嬉しさで農援者さんとの会話で頬が上がりっぱなしという、何重もの味わい深さをいただきました。

数多の強豪ブランドの足元へ寄りつけるよう、ど根性を磨いていきたい限りです。ありがとうございました!

img_8504

今回の『ちょいポル☆』出店仲間はというと。上写真はポルポさんの出入り口側の様子。

img_8507

自家製天然酵母パンのヒカリノmutsu cafeさん。

ふたつとも、あまあっまミカン魅惑の変身のお姿なり。

写真はごく一部どアップのみですが、ムツさんがあまあっまミカンの皮を丁寧な下処理を経てフル活用で手掛けて下さっているオランジェ(ミカンジェ)、ドーナツ、スコーンとミカンパンがたくさん登場しております! この機会にムツさんのミカン情熱パン大陸を味わっていただきたいです♪(素敵な続報は下方にて★)

img_8508

京都から毎週水曜17時~21時に出店の八百屋、有頂天晴果さん。

小作人「これ(手前の京やさいシールの)なんていう野菜?」

有頂天晴果店主・西川氏「呼び名としてはツボミナ、子宝菜、四川児菜、子持ちタカナ、祝蕾、といいます」

ぉ、ぉぅ。芸名多し。野菜あるあるですね。

有頂天晴果さんがずっと取り扱っている卵「アローカナ」(奥手前)とツボミナを食ッピングしてみました。 アローカナのお味伺い、目玉焼きよりは卵かけご飯でいただくのがオススメとのことでした。初アローカナ、楽しみです♪

img_8506

Kinoko-Tenさんの家庭用栽培しいたけブロックは来週8日に開催の『ポル☆シェ』が販売最終日になります。

どうしようかなと迷われている方、猶予は一週間を切っているのでご家庭や職場でのしいたけブロックお迎え会議を煮詰めていただきますよう。

写真のブタちゃんは鳴き声つき照明です、Kinoko-Tenさんがしいたけブロックと一緒に販売しているのは豚肉ではなく鶏の地鶏卵ですぞ。

img_8509

こちらポルポさんの「ベジ焼き」(特製のトッピングが奥で隠れちゃってますが)。

王道たこ焼きもいいけどベジ焼きもええぞ♪という事もお伝えしたく。

そしてポルポ旦那ノリさんのマヨ描き、“パンまつり”とは一体…?!

2月12日(日)10:00~18:00にHDC神戸で開催の『てくてくパンまつり』にヒカリノmutsu cafeさんが出店されます。(イベントは10日(金)から3日間開催ですがムツさんは12日のみ出店)

【HDC神戸 http://www.hdc.jp.net/kobe/ 】

あまあっまミカンフル活用の魅惑の変身ミカンシリーズも登場します!

ミカンシリーズ完売して欲しい!!!な気持ちでいっぱいでんがな♪♪、をノリさんがこのように描いてくれましたが、ムツさんの似顔絵が似てるかどうかはワタクシ関与しておりません(笑)。

こうして農援者さんのお力添えにより、あまずっぱミカンからあまあっまミカンの約3か月に渡る『ちょいポル☆』でのミカン就農も無事に幕を閉じることができました、ありがとうございます!

次週2月8日は月に一度の『ポル☆シェ』開催です!告知は追い追い☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ポル☆シェの過去ログと開催概要などは当畑前身ブログ内ポル☆シェのページを参照ください。

テルってる畑。の Twitter や FacebookPage でも情報を投稿しております、フォローといいねよろしくお願いいたします。

以下、ポルポさんと出店者一同のリンク先一覧です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★ 湯を沸かすほどの熱い種まき。

img_7616

10月31日は新月だったので、ソラマメとエンドウの種を巻きました。

夜から雨が降ってくれたので、したり顔で爆睡できました。

またしても暦×野良作業の息合わせ法則に感服です。種まき最適日の満月・新月の当日か翌日には雨が降ってくれること多し!を体験真っ只中。

最強の力量バランス「雨」に天晴れです。

10月最後にかけて晴れが続いていたので、ダイコン、ニンジン、金時人参、牛蒡を蒔き、31日の新月にソラマメ、エンドウ、ほうれん草、しろ菜、水菜を蒔きました。

土壌色した一角にアキアカネが映えたりと視覚は暖かですが空気は日に日に冷たく。

img_7617

すでに冬ごもりしていた彼らを飛び起こしたり…。お互いに心臓ばくばく。

img_7620

お目覚め鈍いながらも必死に土に潜るトノサマガエル。

頭から突進潜りじゃなくお尻から後ずさりの土壌潜水姿を拝める日は11月も続きます。

 

★ 香川照之さんの昆虫愛すごいぜ。

img_7204

9月後半、畑の境界辺りで見かけたカマキリをイチジクの樹に移動させておりました。畑内陸での産卵が増えますように。

今回の写真は9月はじめに撮ったのでイチジクの葉も青々としています。現在10月後半突入のイチジクたちは順調に茶々化進行中。

img_7207

農作物の救世主で守護神で天使で悪魔なカマキリ関連の話題をここで。

去る祝日10月10日に放送された、俳優・香川照之さんの特番『昆虫すごいぜ!』はご覧になられたでしょうか?

香川照之さんのカマキリ愛がどんなものかを語る部分は一切省かれ(序盤でぶった切られていましたね笑)、トノサマバッタの凄さ・面白さを香川照之さん自身が身を以って伝えるというトノサマバッタ特集だったんですが、とにかく香川照之さんが本当に昆虫が好きなことがよく分かる特番でした。

番組の最後、「次回特集はカマキリです!」と予告の決め台詞に胸躍りましたが、どうやら一度きりの企画だったらしく第2弾カマキリ特集は反響次第で実現かも的な流れになっているようです。

カマキリを纏うぐらいに大好きなカマキリ特集せずは…おかしい。

観逃した方は10月23日(日)午後4:30からの再放送をご覧ください(NHK-Eテレ)。

反響の多さで「カマキリすごいぜ!」せざるえなくなりますように。

img_7205

観察すればするほど摩訶不思議で愉快なカマキリの魅力に気づく人が増えそうなワクワク感。

カマキリに限らずですが昆虫界も知れば知るほど嫌悪感が好感に変わってしまうので、なんであんなに苦手だったのかと大ボケ小ボケで笑い合う場面も増えそうですね。

香川照之さんがカマキリと昆虫好きだと知った2016の秋。

img_7203

カマキリといえばこの時期から呼びかける『グルメ大王カマキリ増やし隊プロジェクト』。

今年も来年にかけて引き続き、カマキリの卵しょうを募っています。「このまま孵っても環境的に不憫過ぎるかも」な卵しょうかどうかは各自の第六感判断に委ねますが、遭遇した際は収集のご協力に悩んでいただけると幸いです。

(カマキリの卵集めるって何?という初見の方はこちらをチラ読下さい)

★ ニラの蕾から花芽までの短さよ。

9月を過ぎたあたりからニラに蕾がつき始めました。

img_7238

9月14日撮影のニラの花の様子(上写真)。

蕾から開花までの間の花芽、白い雫型のニラの花芽が薬味として格段に美味しいのです。

現役長寿農家組の贅沢スパイシー品でお馴染みのニラの花芽を9月14日開催のポル☆シェに出品しました。グルメ人集結なマルシェのため、ニラの花芽も就食内定をいただきました。

その1週間後には、

img_7342

ほぼ満開期を過ぎました。花になると柔らかさが激減するため、花芽を摘み取れるのはほんの一瞬です。

花芽に限らずどの作物も収穫期というのは一瞬ですが(笑)。

img_7345

花びらが落ちた後は種の準備ハート型。

img_7346

群がるアオクサカメムシの赤ん坊たち、種に偽装…擬態ごっこかな。

img_7343

カメムシ含め、花盛り場は虫たちで賑やかでした。

img_7347

虫たちの憩いの場ですが、花盛りのニラたちをたっぷり刈り取りました。

食材を得るにはある程度の整理整頓が必要ですね。

img_7451-1

と言いつつ、虫の遊び場をほんの少し残していたハート型がはち切れて種がこぼれてきた今日この頃。

蕾からの開花はあっという間ですが、花から種まではうんと長い時間がかかります。

次世代への本仕込み種にはうーんと時間をかけるという英知の摂理に笑う。

アオクサカメムシよ、群がるなら今ぞ!と言ってももう大人として旅立ったあと、とな。

img_7452

バッサリたっぷり刈り取ってから約2週間後のニラはこんなにも生き生きと「食べて♪」と主張くださっています。

この若々しい2016秋ニラも今日のポル☆シェに連行する予定です♪♪

 

★ 二十六夜キャベツとカマキリ、大雨の前と後とか。

img_7113

久しぶりのカマキリの姿に目を細めてそのまま眠りにつきたかった8月28日の日曜日は二十六夜だったので、キャベツの種をポット蒔きしました。

img_7114

翌29日月曜の早朝にじゃがいもを植え付けました。秋ジャガは腐りやすいので切らずに丸ごとの植え付けです。といってもすで半分腐りかけていた2個は腐りかけの部分だけ切り落として植え付けました。この写真の後、小雨が始まったので大急ぎで土盛り盛り。

img_7123

じゃがいも完了の後はすぐさま今季のファイナルスイカを収穫しました。大雨割れ回避に間に合いました。

台風の影響で大雨だった月曜29日は、雨がはじまる前に収穫したイチジクの急遽な配達に走り回りました。

イチジク狩りも悪天候による中止になったので、雨風・台風到来著しい天候による気持ち悶々期間こそイチジクの最盛期、つまり秋の訪れ本番の秋風の香りに包まれて戦々恐々しております。

そして大雨明けて翌火曜は、待ちに待ったニンジン引き抜き祭り。

img_7128

長い期間、干ばつ気味で収穫を見送っていたニンジンをここぞとばかりに引き抜いた一昨日火曜と昨日水曜。

img_7127

天候とともに食卓事情も根っから左右されるこの胃世界です。

滞っていたお知らせも一気に更新しました。チェキらよろしくお願いいたします。

本日9月1日は新月。予定の種まきをどれだけ進められるのやら。

長い冬の胃世界のために、華やかながらもえげつないこの時期をなんとか踏ん張って乗り切りたいところです。

★ 神戸新聞 阪神版 8月29日月曜『ひと探訪』で紹介いただきました。

イチジクの葉の上で手足を広げるはシロテンハナムグリやシラホシハナムグリたち。

8月最後の月曜の朝に新聞を広げるは小作人の震える両腕。

img_7023

なんとなんと、8月29日月曜日の神戸新聞の朝刊の阪神版(21面)にテルってる畑。が掲載されました。

img_7119

かなり大きく紹介いただきました。「1部130円です、お買い求めお願いいたします!」と購買催促のため月曜中に更新するつもりで記事部分をモザイク加工しました(拡大すると読めちゃいますんで笑)。

img_7122

畑の名前が出なかった理由を自分なりにいろいろと勘ぐりました(笑)。

ブログのアドレスも公開されずで、逆に携帯電話番号が公開されたおかげでこの数日間は対応しきれない事態に陥っていました。

農作業と他業務を優先させるための情報を(自分なりに)まとめている当ブログの役割トホホ。

お問い合わせを下さっている方々、ありがとうございます、これからお返事をさせていただきます、遅れ遅れで申し訳ございません。

それにしても記事についてはさすがだなと感心極まりました。新聞用語で紹介されるとものすごく良い印象に響いているような感触の余韻をひしひしと感じております。つまりとても照れくさいですね(笑)。

テレビ、ラジオ、新聞と、一つ一つ学ぶ貴重な機会をいただいております、ありがとうございます。

神戸新聞社さま、ご紹介ありがとうございました。

img_7022

ハナムグリ「もうないと思うけど、次の機会があるときゃ掲載内容の契約書を絶対用意しなきゃと心に留める小作人であった。おっぴろげ話これにてめでたしめでたし」