タグ別アーカイブ: Kinoko-Ten

★ Kinoko-Tenさんの『しいたけブロック』2ブロック目。

2015-2016の初ブロックに続き(体験日記)、Kinoko-Tenさんの職場や家庭で栽培収穫できるしいたけブロック、体験2個目となるしいたけブロック2016-2017の報告です。

収穫していると他の体験者さんの収穫具合が気になる点も楽しめるのですが、さて、皆さんのしいたけ生活はいかがだったでしょうか。

小作人は2016年12月7日開催のポルポさんの夕市『ちょいポル☆』出店時にKinoko-Tenさんから食ッピングしました。

そこからたった4日後の様子がこちら。

12月11日付。丸っとコロっとしたしいたけを間引き収穫。

さらにその4日後がこちら。

12月15日付。段々と平たく大きく膨らんでいきます。

ここから間隔を取りながら数回に分けて収穫し食し続けまして。

収穫一周目が終わった頃合いに、浸水を48時間ほど(24時間で十分らしいですが、半日ほどうっかりしまして笑)。

年を越し、浸水効果で出てきてくれました、1月3日付。

この双子ちゃんはお正月のご馳走として特段大事に食べた記憶が。

暖かすぎる日と寒すぎる日の寒暖差が激しいのが影響しているのかなどうなのかな?と、Kinoko-Tenさんに助言を求めたところ、

暖かすぎる日はやや涼しい場所へ移動、寒すぎる日はやや暖かい場所へ移動させるようにとのことだったので、汗ばむ日と底冷えの日にちょっと気付けた時に移動させる期間を経て、約一ヶ月半後。

2月16日付。久々に声を出して驚いた図。

大きく立派なしいたけをいただきハッピーエンディング。

裏世界がシロクマのよう。

というわけで、

小作人のしいたけ2ブロック目は、一周目は盛りだくさん収穫でしいたけ三昧、2周目の前半はぼちぼち、2周目の最後に特大しいたけをいただく結果となりました。

2周目突入時辺りの寒暖差が激しい真っ只中に放置し過ぎ気味だったのがやや響いてしまったかなと。

しいたけも生きものですから、同じ収量を得られる菌床ブロックもなければ同じような結果になるとも限らない点を楽しむのも醍醐味。

いろんな御人がいらっしゃるので、Kinoko-Tenさんも説明や対応など大変だろうなと思いつつも、栽培過程の想像していた通りの部分もそうじゃない部分も楽しめる御人たちで賑わっているしいたけブロック愛好界隈。

「そちらのしいたけブロックはどうでしたか?」会話を楽しむまでがしいたけブロック栽培。

今回も役目を終えた菌床は畑へ投入。

「しいたけ栽培、やってみたいけどどうなんだろう…」と悩んでらっしゃる方は次期12月~3月のKinoko-Tenさんの出店販売時にわからないことや不安点を相談してみてください。

私はブロック栽培2回ともほぼ放置気味ながらも収穫を楽しみました。

気軽さへの感覚は人によりけりなので「簡単にできる」というとちょっと危険なので「簡単」という言葉は使わないようにせねばと学びつつ(笑)。

ここが初見で興味持たれた方は約9ヶ月後をお楽しみに♪

【Kink-Ten Facebook https://www.facebook.com/Kinoko-Ten-324779507891413/ 】

広告

★ しいたけブロックKinoko-Tenさんが3月9日開催のポル☆シェにご登場です。

Kinoko-Tenさんの『しいたけブロック』報告記の最後の写真の椎茸たちの最終形態がこちら。

IMG_5429

立派すぎて笑う。

IMG_5430

ラスボス感ありあまるファイナル椎茸は歯ごたえしっかりで風味も濃厚でした。

12月半ばから2月いっぱいまで椎茸を楽しませていただきました。

短距離走から徐々に長距離走へと移行する椎茸採りが幕を閉じました。

しいたけブロックKinoko-Tenさんにご興味を持ってくださった方に吉報です。

来週40回目の開催となる、阪神芦屋駅前のたこ焼き屋POLPO(ポルポ)さんのこだわり食ッピングマルシェ「ポル☆シェ」にKinoko-Tenさんがいらっしゃいます。

新登場となるKinoko-Tenさんの食ッピング提供品目は、お家や職場で簡単に収穫を楽しめる『しいたけブロック』(菌床のおが屑は国産樹木のみ使用)と奥丹波のたまご、龍のたまご、地養卵の地鶏卵3種とのことです。

ポルポさんの月に一度の夕市マルシェ第40回『ポル☆シェ』

3月9日(水)16時〜21時頃(*注)

場所:POLPO-ashiya- (Facebookページ) 兵庫県芦屋市川西町13-6

阪神芦屋駅「西口」出て数十秒(銀行やタクシー乗り場がない側です)

ポル☆シェ開催時の様子は過去ログをこちらで参照いただけます。

*注:Kinoko-Tenさんの出店時間は16時〜21時頃までです。他の出店者の開始・終了予定時刻は各出店者により異なります。

他の出店者情報を含めたポル☆シェの開催告知は当畑のFacebookTwitterでお伝えしていますが、出店者の詳細・変更内容などは各出店者リンク先の情報媒体でご確認ください。

Kinoko-Tenさんのしいたけブロックが3月のポル☆シェに新登場、よろしくお願いします。

当畑は3月ポル☆シェをお休みします、あしからず。

 

 

 

★ Kinoko-Tenさんの『しいたけブロック』。

Kinoko-Tenさんの『しいたけブロック』体験記。遡ること昨年12月中旬。

IMG_4978

ん〜♪

IMG_4977

んん〜♪

IMG_4981

はじまりは、小さなずんぐりちゃんむっくりちゃん。

ずんぐりむっくりちゃんの約5日後………、

IMG_5013

ワ♪

IMG_5012

わわわ♪

IMG_5014

しいたけマンション。

間引いて食べ始めるの巻。可愛いだけじゃなくてよ美味しくてよ☆

IMG_5316

焼き椎茸を食すの巻。♪♪うんまい♪♪

写真のポン酢は、ワークショップイベントでお馴染みの谷口夫妻が当畑のあまずっぱミカンを使って手作りしてくださった『みかポン』です。Kinoko-Tenさんからいただいた『しいたけブロック』の椎茸を谷口夫妻のみかんポン酢『みかポン』でいただくという椎茸エンターテインメント、極上の味わいでございました♪

ビニールがかかった姿が日増しになんとな〜く大きくなっていく様子が可笑しくてですね。

たま〜にビニールがカサっと鳴るかすかな音が聞こえるんです(笑)。

さらに一週間後のクリスマス前後には……、

IMG_5100

うひょ♪

IMG_5101

っひゅ〜ぅ♪

IMG_5102

非間引き組、立派なお姿に!

おかげさまで、12月後半から年末年始は贅沢な椎茸生活を送ることができました。収穫1周目の終了後は説明書に書かれていたようにブロックを一晩お水に浸して(私は大鍋を使用)、再びビニールをかけて待つこと10日ほどで2周目のしいたけ祭りとなりました。2周目は数日おきに食すペースでした。

経緯は、委託販売先のいざよい青果さんにあまずっぱミカンを届けに行った際にKinoko-Tenさんがいざよいさんのお隣で出店されていて、お試しにどうぞと紙袋を手渡されたのがこの『しいたけブロック』でした。あつかましくもご厚意に甘えていただいちゃいました。

IMG_4970

Kinoko-Tenさんは『しいたけブロック』以外にもこだわりの地鶏卵などの食品も販売されており、12月の出店時には海苔、干しエビなども扱っておられました。

『しいたけブロック』の販売期間は12月〜3月頃までの冬季期間限定です。

IMG_4982

ご興味ある方・ご質問・ご注文については、Kinoko-Tenさんのお問い合わせメールアドレスkinoko★☆rinakun.com(★☆箇所をアットマークに書き換えてください。この記事のスパム防止のため星印にしていますご理解ください。)までどうぞ。お名前・ご住所・電話番号の明記をお忘れなく。

しいたけブロックの大きさは約20cm×13cm×13cm、重さは約2.5kgです。

『しいたけブロック』の栽培の仕方、栽培場所について、大きく育てるコツ、収穫のタイミング、収穫後のポイントについての丁寧な説明書を添えてくださるので初めてでも心配ご無用かと思います。なんせ、このズボラ上級な私が華やかな椎茸生活を堪能させていただいたほどです。

そして1月末頃からの収穫3周目もいよいよ終盤。

IMG_5250

たくましく凛々しい椎茸でまもなく幕を閉じそうです。

フィナーレを迎えたら、ブロックは畑の土壌へすきこみます。

Kinoko-Tenさん、ビニールをあけて覗き込む瞬間のワクワクなしいたけエンタメは華やかで楽しかったです、どの段階のしいたけも水分豊富で風味よく、どの冬野菜とも相性良く美味しくいただきました。ありがとうございました。

追記:しいたけ最終形態の様子は『★ しいたけブロックKinoko-Tenさんが3月9日開催のポル☆シェにご登場です。』でご覧いただけます。