タグ別アーカイブ: leaf beetle

★ 感謝の歯型技師。

ダイコンのダイコンハムシ…ではなくダイコンハムシのダイコン。

「ありがとうハムハム、ハムハムをありがとう」

感謝の歯型技師は小作の手により散り散りに。

感謝の歯型技師よさらば…アリの巣へさらば…を繰り返すこと約7日。

感謝の歯型が霞むほどの葉を魅せるダイコンが誇らしげ。

次に魅せられるはカメムシ族かな。

日を置いてまた殺到する歯型技師にも構えつつ。

 

広告

★ かぶら青信号 〜ダイコンハムシ対策〜。

かぶら場所。

毎朝の正念場。

かぶら場所に集う彼らが見えるでしょうか。

そう、向かって中央奥の葉の裏に一匹。

ここです。

さらに右側手前の葉の裏にも一匹(少し角度を変えて撮ってます)。

油断しまくりのかぶら場所には10匹ほどかたまっていたり。

ウリハムシと違って翔んで逃げないのが唯一の救いですが、逃げ足がなかなかお速くてよ。

一匹一匹、親指に押し当てて人差し指の爪で十字に切って潰します。

中途半端に圧迫しても丈夫なのか平気で生き残るので確実に割り潰します。

ダイコンハムシ「うんめぇ、うんめぇ〜っ、何このうんめぇやつぅ〜」

朝、ダイコンハムシの動きが鈍い時間までにくまなく潰し(1)、

潅水後、葉裏に隠れていたけど慌てて逃げ出す生き残りを潰し(2)、

(1)の時点で逃げ出して、(2)が終わった頃に戻ってくるちゃっかりもんも潰す。

さらに数時間後、遠くで避難していた出戻りも潰す。

芽を出す際に土が盛り上がってできる根元の隙間に隠れている子ももちろん潰す。

ダイコンハムシ対策として効果を実感できるのは捕殺して生存させないこと(現時点)。

香りの強いニラやネギにも平気で隠れるしなんだかんだズル賢いので、潰すことに精を出しています。

ダイコンハムシを繰り返し繰り返し、ブチっと、ブチチっと。

ダイコンハムシはアブラナ科を食す大食漢なので、しばらくは辛抱と時間の潰し合い。

竹酢液の希釈水も無力なり。

新たな対策方法は常時、模索中。

〜ダイコンハムシ クイズ〜

ダイコンハムシを確実に潰した時に出る体液の色は何色に近いでしょう?

A:薄い青紫色系  B:薄い赤紫色系  C:薄い黄土色系  D:薄い黄緑色系

色クイズは色彩解釈に個人差がとても大きいです。

なので答え合わせには是非、ダイコンハムシを潰して実際に見てみましょう!

 

★ 快適生活。

本日6(む)月4(し)日は「虫の日」ですね。

畑は毎分毎秒、虫の時。

キュウリ場所ウリハムシの快適生活をお届けします。

とは言え、ウリ現場(キュウリ/かぼちゃ/ひょうたん/マクワウリ/スイカ)ではウリハムシの快適生活を奪う日々。

すまん。だがしかし。すまんのぅ。とボソボソ言いながらも指先は俊敏に。

ウリハムシの快適生活、キュウリの快適生活、小作の快適生活。

それぞれの快適生活のために明日も頑張るのみ。

明日は夕方以降に雨の予報なのでむちゃんこ張り切る次第。

★ 早くに始まり早くに終わり去る。

キュウリの両隣にニラを混植しましたが、ウリハムシにはなんのその。

香草刈り取り根元敷はこれまで試してきたので、今季は根ごと至近植えを試します。ニラ根っ子たちとの共生効果はいかほど。

脇から顔を出す若芽たちに期待を込めること半月。

少しず〜つ少しず〜つ、背丈が伸び。変化を感じない停滞期こそ愉快に辛抱。

脇いっぱいの花と芽に期待を注ぐ潅水の日々。

例に漏れずキュウリも雨でグンと伸びること半月。

しゃかりきシャキりのお姿ちらほら。

早くにはじまり早くに終わり去るキュウリ中継、次回へつづく。