タグ別アーカイブ: Phaedon brassicae

★ 感謝の歯型技師。

ダイコンのダイコンハムシ…ではなくダイコンハムシのダイコン。

「ありがとうハムハム、ハムハムをありがとう」

感謝の歯型技師は小作の手により散り散りに。

感謝の歯型技師よさらば…アリの巣へさらば…を繰り返すこと約7日。

感謝の歯型が霞むほどの葉を魅せるダイコンが誇らしげ。

次に魅せられるはカメムシ族かな。

日を置いてまた殺到する歯型技師にも構えつつ。

 

★ かぶら青信号 〜ダイコンハムシ対策〜。

かぶら場所。

毎朝の正念場。

かぶら場所に集う彼らが見えるでしょうか。

そう、向かって中央奥の葉の裏に一匹。

ここです。

さらに右側手前の葉の裏にも一匹(少し角度を変えて撮ってます)。

油断しまくりのかぶら場所には10匹ほどかたまっていたり。

ウリハムシと違って翔んで逃げないのが唯一の救いですが、逃げ足がなかなかお速くてよ。

一匹一匹、親指に押し当てて人差し指の爪で十字に切って潰します。

中途半端に圧迫しても丈夫なのか平気で生き残るので確実に割り潰します。

ダイコンハムシ「うんめぇ、うんめぇ〜っ、何このうんめぇやつぅ〜」

朝、ダイコンハムシの動きが鈍い時間までにくまなく潰し(1)、

潅水後、葉裏に隠れていたけど慌てて逃げ出す生き残りを潰し(2)、

(1)の時点で逃げ出して、(2)が終わった頃に戻ってくるちゃっかりもんも潰す。

さらに数時間後、遠くで避難していた出戻りも潰す。

芽を出す際に土が盛り上がってできる根元の隙間に隠れている子ももちろん潰す。

ダイコンハムシ対策として効果を実感できるのは捕殺して生存させないこと(現時点)。

香りの強いニラやネギにも平気で隠れるしなんだかんだズル賢いので、潰すことに精を出しています。

ダイコンハムシを繰り返し繰り返し、ブチっと、ブチチっと。

ダイコンハムシはアブラナ科を食す大食漢なので、しばらくは辛抱と時間の潰し合い。

竹酢液の希釈水も無力なり。

新たな対策方法は常時、模索中。

〜ダイコンハムシ クイズ〜

ダイコンハムシを確実に潰した時に出る体液の色は何色に近いでしょう?

A:薄い青紫色系  B:薄い赤紫色系  C:薄い黄土色系  D:薄い黄緑色系

色クイズは色彩解釈に個人差がとても大きいです。

なので答え合わせには是非、ダイコンハムシを潰して実際に見てみましょう!

 

★ はくさいミステリー はむしヒステリー。

img_7772

一枚一枚ちぎり採って食すのが賢明であろう白菜。

img_7773

一枚一枚ちぎり採って食す姿を先に想像させて涙を誘い出す懸命なレース白菜。

img_7774

目ざとくすばしっこいので姿を収めることはできませんでしたが、ハクサイ/赤カブ/水菜/しろ菜をレース場にしている彼らの名は、

ダイコンハムシ。

アブラナハムシじゃなくダイコンハムシという名だったとは…。ルリなんちゃらじゃなかったのか。

ダイコンハムシの天敵を捜索せねば。

ダイコンハムシの天敵にハムシヒステリーを引き起こしてもらって、白菜の枠を超えたアブラナミステリー現象まで辿り着きたい所存。