タグ別アーカイブ: spider

★ 山桃曜日。

ヤマモモです。

蜘蛛がヤマモモ柱の裏に隠れております。

危険を察知し、ヤマモモ柱を駿足下降の蜘蛛。

見事な危機管理能力。

小作のヤマモモというより、蜘蛛たちのヤマモモであります。

蜘蛛より目立つグルメな観光客イモムシの目撃を今季も逃してしまうの巻。

今回の写真は昨日のヤマモモの様子です。

冷たい風が吹き付ける肌寒い山桃曜日でした。

本日は暖かな山桃曜日になりそうかな。

素敵な山桃曜日を過ごされますよう。

 

★ Spinach Police。

派手派、テントウムシSP( Spinach Police )。

わざわざ目立つように佇む陽気な彼ら。

一方の地味派SP( Spinach Police )。

影へ陰へと素早く駆けずり回る姿は天晴れ。

陽と陰に守られているホウレンソウ場所です。

 

★ コミュニケーションデレデレディレクター。

振り返り日誌、かぼちゃ2019。

今回の写真は7月から9月に撮りましたが、栽培期間は5月の種蒔きから収穫終了の10月までです。

かぼちゃも花の中を覗けば楽しい光景に溢れています。

今夏も目尻を垂らす日々をいただきました。

花粉まみれ〜!

花粉まみれのまま疾走。

花粉が落ちていく〜。

花粉まみれのまま、右往左往。

上写真の花は雄花です。

花粉の運び屋から恩恵を受けた雌花の結果。

目尻シワシワ。口角も跳躍。

受粉後からの膨らみ時間が長くて長くて。

横目でチラチラ。

収穫までの待ち時間も長い長い。

「コミュニケーションディレクター」ってなんぞ。

コミュニケーションデレデレディレクターなら畑にたくさんいるぞ。

と思った本日は冬至なり。

かぼちゃ2019はなんと大豊作でした。

これまでで最も収穫個数が多かった。

なぜ豊作だったのかがわかりません。

豊作理由がわからないので来期も同じ品種を栽培してみる予定でいます。

 

★ イチジク狩り2019 開催についてのお知らせ。

イチジク狩り2019 開催についてと、少しの相談。

イチジク狩り開催の有無について。

  • 8月に入ってからのイチジクの収穫量
  • 8月10日からのイチジクの足並み具合
  • 気象庁の2週間予報
  • ここまでの夜間と朝4時台〜6時の気温
  • 本日8月18日のイチジクの様子

そしてまだ生鮮イチジクとして一度も販売できていないこと。

これら踏まえ、導き出した結論は。

イチジク狩り2019開催は見送らせていただきます。

イチジク狩り2019開催「も」ですね…。

気象庁の2週間予報では「最低気温は平年よりやや高めかもしれない、そして最高気温は平年と同じくらいか高いめかもしれないし低めかもしれない」とあります。

まぁ、わからんでしょう。

朝晩がもっと涼しくなってくれるかどうかもわかりません。

ただ、今のイチジクは昨年と同じような鈍足なのは確かなので(下手すると鈍足新記録を更新しそうな気配もある)、朝晩の涼しさが霞むほどの猛暑酷暑が続く場合の昏冥を回避したく、大事を取らせていただきました。

イチジクがないイチジク狩りは至極辛い。

開催する場合、摘み放題・食べ放題できるような収穫量があるかどうかが最大の不安要素です(3年前までできていたからこそ余計に不安)。

なので少し相談を。

イチジク狩りはできないけれど、収穫できたイチジクを分け分けして食べるイチジクミーティングみたいなものならどうでしょうか。

十分に満足できるイチジク(数量)を食べることはできないことを前提に、

「少しの数でも摘み取って、その場のみんなで分けっこで食べてもいいよ」

という方がいらっしゃるなら実施する価値はあるかもしれない。

どうでしょうか?

実は「イチジクがたくさん食べられなくても、イチジクの畑で完熟イチジクを食べられるだけで幸せなんです」という声を過去に頂戴しておりました。

それだけのイチジクへの情熱をお持ちなら…

イチジクを摘める数が少なくてもがっかりされないのなら…

「イチジクたちに会う機会」みたいなものでもいいのなら…

とりあえず訊いてみよう、という思考経緯です。

イチジクミーティングプレシャスオープンデー(仮)みたいなものでも参加したい!という方いらっしゃいましたら一声お知らせください。

実施するなら日時など諸々決めてお知らせしたいので8月23日(金)頃までに反応いただけると嬉しいです(ブログ、各SNS、メールなど何らかでお願いします)。

イチジク好きさんの期待に応えたい気持ちはあるのですが、いかんせんこちら視野縮こまってアイデア迷走中。

そしてこのやりとりで来期以降のヒントか何か見つかればいいなと。

イチジク期に猛暑酷暑を目の敵にすることに飽きに飽き(たぶん良い傾向)。

★ 手土産は無事故で。

朝5時でも気温が30度に届く勢いです。

湿度の強い暑さがどれだけ身体に残酷か、トマトも重々承知です。

小学校や中学校への冷房設備導入に反対する理由はおおよそ予想がついてしまいますが、わざわざ苦しい環境を強いる野暮な大人が少なくないことに憤怒です。

ミニトマトの染まりはじめのこの淡い憤怒色。

憤っていなければ真夏のアッツい太陽色と爽やかにぼやきたかったのですが。

命を奪うほどの暑さなら「避ける・控える・取り止める」を優先していただきたい。

体力があるから、若いから、今まで平気だったからという考えならばちょっと塩をかけたトマトを齧って酸いも甘いも十分味わい、我に返っていただきたい。

暑さの恐ろしさを舐めたらアカンと目が覚めるはず。

下手にヘタまで齧ってしまうほどトマトを味わえるうちは御の字なのです。

身体が悲鳴をあげてからでは遅いのです!

ジョロウグモ「暑さで命を落とさぬよう、本気で注意しましょう!」

気合いに震えるジョロウグモと約束ですよ。

本日も手土産は無事故でお願いします。

★ 無言カウンセラー。

耕運機を動かし、目標面積の半分に差し迫ったところで休憩のためエンジンを止め、再びエンジンをかけようとしたところ、かからず。

時刻は9時過ぎ、10時までに耕運は終わらせたかったので苛立ちのさざ波が。

帰宅後に知りましたが、高温注意報が出ていました。

注意報が出ていなくても連日暑いでっせ。

暑さも手伝って、かからないエンジンに癇癪を起こしそうに。

癇癪が大勝利を収める寸前、畑の権威に救われるのです。

小作の顔の真横にコガネムシちゃん。

癇癪は一瞬にしてクモの巣の中へ。

イライラ寸劇を真横で見られてたかと思うとお恥ずかしい。

コガネムシの食糧調達に必死な姿をしばし見つめれば。

腹の内も見せられて。

もぅええわぃ、おしまいおしまい。という気分をいただきました。

エンジン再始動は諦めて、納屋まで引っ張ることに。

耕運機の牽引は腹筋が唸ります。

耕運機も購入してから10年以上、エンジンがかかりにくくなることが増えた気がします。家電同様、寿命でしょうか。

買い替え出費を考えはじめ、憂鬱なそよ風が頬を叩き始めた時も畑の権威が。

今年、はじめて見たカマキリ!

幼くて判別できませんでしたが、オオカマキリかな?

カマキリで嬉しさいっぱい、胸いっぱい。

華奢な鎌を逞しく構える姿に「そやね、耕運機の購入費用のことは今は考えないでおこう」と思えて憂鬱がすんなり雲隠れ。

このように畑のあちこちに出没する無言ながら優秀なカウンセラーたちが健在のおかげで小作はニタニタできるのだな、と。

短気は損気を改めて痛感する週明けを経て。

台風の影響で雨嵐が続きます、十分にお気をつけて。

★ 求められるゴール。

小作がニンジン場で求められるゴール。

ゴールまでひたすら手を動かすのみ。

ハーフタイムに後ろを振り返る瞬間の何とも複雑な感情。

神業でスギナをかわし抜くレジェンド、コモリグモに目を細め。

イナダハリゲコモリグモかな?

清掃会の大御所、蜘蛛もめちゃんこ苦手でしたが今は非常に愛おしく大切にしたい存在です。

心癒されたはずのこのあと、指先に潰れた卵のうが…。

たくさんの未来のレジェンドを奪い去ってしまった悔しさ…。

オウンゴールの味わい。

卵のうを失ってぎこちなく右往左往するコモリグモに一方的に落ち込んでも、

ニンジンYOUTHから求められるゴール。