タグ別アーカイブ: sprout

★ クマっていたキンちゃんたち。

5月の大型連休ゴールデンウイークに来た豪風で折れてしまった金柑。

この金柑は以前からクマバチの住処でありながらも根性で実り続けてくれていました。

こちらが折れ倒れた本体で、黒い穴がクマバチの玄関。

倒れたのが5月3日の未明から早朝でして、『香川照之の昆虫すごいぜ! 4時限目 クマバチ』の放送が同日の朝からという、まさに感慨に浸り尽くす日でありました。

この金柑で新たに建築中だったクマバチが困ってウロウロしていたのも束の間、新天地「南天」でガリガリ工事を始めて現在は早朝から懸命に蜜の収集に励んでおります。

上の図で説明すると金柑場所には大サイズ2本、中1本、小2本がおります。

倒木金柑も根本は無事なので新芽が出るかもしれないのでしばらく見守ります。

黒い点はクマバチの巣穴です。

良い機会なので金柑場所を整理することにし、赤矢印の小2本を移植しました。

小2本とも大サイズの金柑から落ちた果実の種から出てきた根性の金柑たちです。

窮屈な環境だったせいで枝すべて横向きに流れ伸びてしまっていたので思い切って剪定。

ちょっと切りすぎてしまったかな?と不安になった金柑。

移植を喜んでくれたのか、出てきてくれた新芽たちに安堵。

引き続き喜んでくれているということは無事に根付いてくれたと解釈。

あまり切りすぎないように少し残し気味にした金柑。

切りすぎちゃったかもの金柑のような枝からの新芽ではなく、

葉先からの新芽がたくさん。アゲハ蝶の産卵もいただきました。

移植前から出ていた根元に近い新芽には、

すでに孵化したナミアゲハが元気にムシャムシャ。

この金柑も無事に根付いてくれたようです。

クマってた金ちゃんが倒れてしまい、窮屈で困ってた金ちゃんたちを広々とした場所へ移動させた5月の金柑でございました。

6月初日の締めにクイズです。

金柑の移植作業の際、ミミズに次いで多かった生きものは誰でしょう?

チクタク、チクタクの代わりにクマバチの迫力ある羽音をBGMに。

金柑の根っこを掘り起こし、引き抜く際にワッサワッサ出てきたのは?

正解は、蝉の赤ちゃん。

梅雨前にごめんごめんと謝った相手は蝉の幼虫たち。

クマバチ、アゲハ、蝉と、尊い子たちに囲まれる金ちゃんたちです。

広告

★ つゆりイチジク。

テレビアニメ『まんが日本昔ばなし』のオープニングを飾る龍を彷彿させる、先端イチジクの芽生え。

もう一方の枝先も新芽が万歳し合っております。

横からも下からも元気一杯なので、芽かき甲斐があります。

イチジクの生命力の強さたくましさを思い知らされる広大な世界は体験中ですが、未だに五月七日(つゆり)さんと出会ったことがござらんので、とても小さい世界で生きとるんだなと。

五月七日(つゆり)イチジク、1枚目から3枚目までがこの1本です。

足元の雑草の緑色が強いので目立てない新芽ちゃんたち、万歳中。

★ この出世率。

イチジク階層の出世頭たち。

出世街道、一散走り。

3月末日に引っ越したこのイチジク、震える生命力で新生活を謳歌なり。

★ イチジクを喜びあったり。

イチジク萌芽。

イチジク芽生え。

イチジク新芽。

イチジク遠目。

イチジク近目。

イチジクカマキリ芽。

カマキリよりカメムシ顔に近いかな。

イチジク足場は祝うようにタンポポだらけ。