タグ別アーカイブ: tomato

★ 大航海トマト。

低速ながら7月から食せているトマト。

この、うっすら色づき始めるまでがとても長い。

うっすら色づき始めてからも長く感じる時もあれば、

うっすらトマト色からはっきりトマト色までが短く感じる時もあり。

この感覚差は何かと毎度トマトと不思議顔。

しっかりどっぷりなトマト色まで待てずに採ること多々。

砂漠化の時はほぼ無傷でしたがこのところの雨で割れ目たっぷり。

今季のミニトマトは赤と黄。(ミニの赤の写真がない…)

晩秋にかけてゆっくり終わり行くのか急に終わるのか、楽しみです。

広告

★ 手土産は無事故で。

朝5時でも気温が30度に届く勢いです。

湿度の強い暑さがどれだけ身体に残酷か、トマトも重々承知です。

小学校や中学校への冷房設備導入に反対する理由はおおよそ予想がついてしまいますが、わざわざ苦しい環境を強いる野暮な大人が少なくないことに憤怒です。

ミニトマトの染まりはじめのこの淡い憤怒色。

憤っていなければ真夏のアッツい太陽色と爽やかにぼやきたかったのですが。

命を奪うほどの暑さなら「避ける・控える・取り止める」を優先していただきたい。

体力があるから、若いから、今まで平気だったからという考えならばちょっと塩をかけたトマトを齧って酸いも甘いも十分味わい、我に返っていただきたい。

暑さの恐ろしさを舐めたらアカンと目が覚めるはず。

下手にヘタまで齧ってしまうほどトマトを味わえるうちは御の字なのです。

身体が悲鳴をあげてからでは遅いのです!

ジョロウグモ「暑さで命を落とさぬよう、本気で注意しましょう!」

気合いに震えるジョロウグモと約束ですよ。

本日も手土産は無事故でお願いします。

★ トマトドライバーの推理日誌。

IMG_6743

今季のトマトは主に庭栽培、ガーデントマト。

畑にも幾つかトマトは栽培中ですが、庭にあるビニールのないビニールハウスの骨組みをトマトの這わせ支柱に使うことにしました。

栽培回数を重ねるうちに、7月&8月よりも9〜11月によく採れるので夏野菜より秋野菜のイメージが定着したトマト(夏は虫食いトマトだらけなので)。

IMG_6744

ガーデントマトは今のところ虫に居住されていないので、単にタバコガ/オオタバコガが未到着なのか、畑トマトで産卵したからご満悦なのか、なぜ畑トマトは虫食いトマトが健在なのに庭トマトは虫食いトマトが不在なのか。

IMG_6745

もしかしてもしかすると、カマキリがタバコガ/オオタバコガを狩ってくれたのでしょうか。

そう思いたいですが、きっと違うでしょうね(笑)。

IMG_6745-0

畑のトマト界隈にもカマキリたちは徘徊してくれているので庭のカマキリが大活躍しすぎているという可能性なら微笑ましすぎますが、こればかりはカマキリとトマトに訊いてみないとわかりません。

ちなみにトマトといえばこの顔!的な、定番の具象画を締めに。

IMG_6767

コンテンポラリーアートの巨匠、タバコガ/オオタバコガ画伯の「感嘆!簡単ポエミートマト」。

新進気鋭トマト蛾家の穴場作品の数々は畑でご鑑賞いただけます。

畑と庭で栽培中のトマトの不思議な虫食い格差、此れは如何に。

畑はいろんな作物が出揃っているから寄りやすいのかな、誰でもいらっしゃいませ夏祭り、みたいな。

と書いたこのすぐ後にガーデントマトにもタバコガ/オオタバコガがご到着されたりして。