タグ別アーカイブ: transplantation

★ 指鳴らしナッツの整列。

週末の雨予報を受け、ど根性ピーナッツと指鳴らして踊りたい気分なのだ。

ぜひとも間に合わせたい移植なのだ。

侵食で難儀中の竹やぶ界隈で調達した幼竹、今回は一輪車に一杯分なのだ。

畝の中に幼竹を仕込むのだ。

高級ベッドは完成なのだ。

正午目前、一旦休憩なのだ。

移植は日差し和らぐ夕刻に持ち越しなのだ。

ピーナッツ2019栽培跡地の収穫時のこぼれナッツから発芽したど根性ピーナッツなのだ。

俺も僕も私もと懸命な主張に心打たれるのだ。

だが誠に心苦しいことに、ベッド数は限られているのだ。

豆を投げつけられても笑顔を絶やさず心で泣く鬼のような心情で選抜なのだ。

夕陽が沈む手前、ピーナッツ理想郷が完成なのだ。

定植の活着が良いとされる中瀬に済ませることができたのだ。

根の安定までいい夢たくさん見て欲しいのだ。

ちなみに小作は指鳴らしが全くできないのだ。

昨日完遂の落花生中継にて。

 

★ 活き残り投機イチジク。

4日前の日曜の朝にこのイチジクたちを移植しました。

彼らは剪定くずから出てきた子たちです。

ミニシャベル辺り、レギュラーイチジクの足元で一所懸命な剪定くずの活き残りを引き抜いてみると。

小作に踏まれ続けながら、草刈りで刈り取られながらの活き残り。

懸命に伸ばした新芽、日の目がなかったので色白ですね。

根も一所懸命がたくさん。

こちらの新芽はこれだけ伸ばしたものの、日の目なきまま。

この部分から数センチほどを切り落とし、新天地へ移植。

根付きが安定するまで保水に気をつけて見守ります。

さらにもうひとイチジクも移植。

局地的豪雨は勘弁ですが、優しい雨に歓ぶイチジクが新たに増えました。

昨日、近畿の梅雨入りが発表されましたね。

高湿度による倦怠感との折り合いが続きますが、平穏無事に乗り切れますよう。