タグ別アーカイブ: turtle

★ 飼い主さんが捜しているミシシッピアカミミガメでありますように。

畑のイチゴ畝の横でミシシッピアカミミガメの産卵に立ち会えた7月23日(日記:前半後半)からまもなく4ヶ月です。産卵した母亀は送り先の理科大学にて研究飼育されることになり、卵は標本になったことを後半日記に追記しました。

幼体名ミドリガメで有名なミシシッピアカミミガメ(以下、アカミミガメ)にまたもや遭遇してしまいました…。

img_7721

遭遇場所は畑横の用水路です。

img_7722

(駆除対象なので)なんで気付いてしまったの自分…と怒哀感情全力で頭を抱える瞬間。

呆然としながらも、とっても愛くるしい仕草なため、しばしアカミミガメのドラマ『越えられぬ壁』を数十秒鑑賞し、道具を取りに戻ってから捕獲しました。

img_7723

なんだろう、なぜだかとても綺麗なアカミミガメに見えまして。

過去何度かのアカミミガメ捕獲を前身ブログでも遡り、生体写真を見直して見比べましたが、素人目からするとだいたい野生じゃなさそうな綺麗な状態の亀に見えちゃいます(苦笑)。

野生か野生じゃないかはわかりませんが、遺棄された亀よりも、飼い主さんが絶賛捜索中の迷子亀であって欲しい、その願いしかないです。

img_7735

尼崎の警察署に届けていますので、お心当たりがある方、お声掛けくださると幸いです。

私もアカミミガメが人間のせいでとんでもない状況に追い込まれている事態はここ数年で知ったばかりです。毎回気が滅入るものの、アカミミガメが外来種だと知ることが大切だと思う部分は変わりません。

知れば知るほど情けない気分になっている場合ではないので、とにかく一人でも多く、アカミミガメの現状についての理解が拡がって欲しいところです。

環境省のサイト内の、日本の外来種対策『アカミミガメ』https://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/attention/akamimi.html が参照にしやすいかと。他にも各地でアカミミガメ対策活動サイトが運営されています。

駆除対象ながら、生息数が莫大過ぎるが故、過剰な駆除は亀自体の減少による生態系のバランス崩れが懸念されるという…。対策案が行き詰まるほど(行き詰まったまま、が正しいのでしょうか?)日本でアカミミガメが増えすぎちゃっているんですね。

ひとまずは今回の10cmほどの綺麗なアカミミガメが飼い主さんの元へ戻ることができるよう願っております。

広告

★ ミシシッピアカミミガメの産卵、その後 ~産卵数と母亀の行く末~。

ミシシッピアカミミガメがイチゴ場所で産卵した報告記から一夜明けた翌日曜のお昼頃の様子です。

ミシシッピアカミミガメ母亀は産卵後、土壌を凹凸なく埋め隠し、雑草を程よく散りかぶせて完了されました。

IMG_6873

その雑草を除けた様子が上写真です(23日土曜午前10時頃撮影)。

水色線内側あたりの土壌がかなり湿っているのが伝わるでしょうか(写り込んでいる鎌の先は気にしないでください、動揺が故です笑)。

日曜はイベント出店のため私は不在だったため、私の母が立ち会い、卵の写真確保をお願いしました。

予定していた研究者さんは来られなかったので、水族館の学芸員さんが来て卵を掘り出してくださいました(最中、研究者さんから何度も様子伺いで電話があったとのこと笑)。

IMG_6872

ミシシッピアカミミガメの産卵巣(24日日曜午前11時台)。

IMG_6871

!!!、!?

ぇぇぇぇぇぇぇっ!……た、タッパでっか!?

タッパが容器とは。……ゥ〜んとですね、こう、もっとこう、亀の卵専用容器みたいな特別世界感を見られるものと思いきや(笑)。

IMG_6870

卵の数は全部で10個でした。

卵の感触は少しプニプニしていたそう。…触ってみたかったですね。

どうしても特別な光景を期待してしまっていたので、なんだかとっても気軽な取り扱われ感が逆に感慨深いです。

そして昨日月曜の朝の元巣穴の様子がこちら。

IMG_6867

鎌を畑の地上に置いて深さを伝えたかったんですがわかりにくいかもですね。

残っている部分だけの巣穴は私の握りこぶしがちょうどはまり込む大きさだったので、直径およそ10cmと少しあるくらい。

掘るのたいへんだったろうな〜。掘る過程を見たかったな〜と。

そしてタッパに無造作に詰められた卵はこのまま衝撃回避のための対策素材もなく、このまんまのまま、母亀と一緒に岡山理科大学の研究者の元へ送られたのでした。

立ち会えたなら研究者さんに訊ねたかった質問も用紙ごと一緒に送ってくださったので(走り書きだったのでこっぱずかしい笑)、忘れた頃にお返事を頂けるかもしれません。

IMG_6869

甲羅の苔がいろいろな憶測を彷彿とさせてくれるミシシッピアカミミガメの産卵事件はこれにてひとまず終了しました。

在来種のニホンイシガメやクサガメ(は中国由来らしいですが)を脅かす存在として駆除対象にされているミシシッピアカミミガメ。命をかけて10もの新しい命を産みおとした彼女には申し訳なく思いますが外来種問題は深刻ですからね…。

そもそも私たち人間の安易な行為の顛末が「外来種駆除」なので複雑極まりなく思うことも身勝手なのですが、今回は産卵場面を畑で目撃させてもらえた貴重な体験に、感謝でいっぱいです。

産卵場所にこの畑を選んでくれてありがとう、そしてごめんなさい。

ミシシッピアカミミガメ産卵への嬉々衝撃のお付き合いくださりありがとうございました☆

〜追記:2016年11月15日付〜

岡山理科大学の研究者の元へ送られた卵は卵の標本となり、母亀は研究のため飼育されることになりました。

★ ミシシッピアカミミガメが産卵しました。

今朝、9時になろうかという時にミシシッピアカミミガメの産卵を目撃することができました。

あの驚愕っぷりは言葉にできません。

早朝作業とトウモロコシ場所の作業を終え、イチゴ場所の草引き(雑草刈り)をはじめてすぐに誰かの視線と気配を感じて目をやると、ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメの成体)と目が合いました。

このところ「亀」を意識することがなかったこともあり、驚きのあまり大声で叫んでしまいました。

IMG_6830

甲羅の縦の長さが30cmほどあるミシシッピアカミミガメ。

こちらの動悸息切れが落ち着いてから近づいて見てみると、

IMG_6832

土壌がドロドロでした。

わぁごめん、驚かせてごめん、尿漏れさせてしもうたねと思い(なぜならイチゴ場所は作業のため水やりせずで干ばつ気味だったからです)、さらに近づくと、

IMG_6831

ぽとりと白い物体が落ちたのです。

IMG_6833

まさかの卵ぽとり!産卵の真っ最中だったんです!!

IMG_6834

動悸息切れ再来。

いつからいたんだろう…。亀に気付かずの作業中の自分の姿をずっと横目遠目で警戒してくれていたのかと思うとたまらなくなり変な声が出ます。

IMG_6835

次から次へ零れ落ちるミシシッピアカミミガメの新しい命。

近づき過ぎると警戒して両脚で穴を隠して静止するので少し離れた位置からさりげなくまじまじとマジ鑑賞に没頭した長い瞬間。(動画を撮りたかったけど容量がなく断念)

IMG_6838

何個産み落とされたのかは今のところわからず…。

IMG_6849

両脚を器用に使い、丁寧に丁寧に泥土を掻き集めて上塗り、押し固めてを繰り返していました。

IMG_6844

職人技にうっとり。土盛り作業にかなり時間をかけていました。

IMG_6839

アカミミガメに気付いた距離は1mあったかどうかほどです。

数日前にアカミミガメのいる側の草引きをし、今日はその続きをとしゃがみこんで手を動かして数十秒後に顔を左に振ったらバッチリ目と目があって、私は雄叫びながら後ずさりし、母亀は全てを甲羅に引っ込めるしかなかった朝9時頃。後ずさりの際に倒してしまったラジオと水筒もびっくりですぜ。

警戒心をくすぶっちゃならんとイチゴの草引きを頑張ってまっせ無関心風を装いながらチラチラとアカミミガメに意識を集中していたので、9時から作業どころじゃなかったです。

IMG_6850

…もしも今日の作業にイチゴ場所を選んでいなかったら気付かず&卵の存在知らずだったはず。

運の交差が愉快すぎる…。

どこかから一生懸命歩き続けてここに辿り着いたのかもと思うと…老化のせいじゃなく視界が霞む。

大きくなって捨てられた元ペットの可能性もゼロじゃないかも。

奇遇というかなんというか、とても感慨深かったです。

卵もこのままにしておけないので、ひとまずこの母亀は一時的に畑で保護しています(過去の体験から学んだものをここで発揮です笑)。

母が知り合いの水族館の学芸員さんに連絡を取り、その学芸員さんと亀の卵の研究をされている方が明日24日、畑に来てくださることになりました(時間はまだ不明)。

…明日……明日はそう、オーガニックフェスタイベント出店で、わし、わし、わし不在や…。

できることなら立ち会いたかったです。

海辺じゃなくこの畑で亀の産卵の瞬間に立ち会えただけでもすごい幸運なので、その感動を大事にすれば小綺麗に終わるものを、贅沢病「見たい見たい症候群」発症の抑圧がたいへん困難なあまり、自分で自分の底なしの欲深さに落胆したお昼でした。

明日の母亀と卵たちの結末は週明け以降に報告します。

びっくり仰天で感動した7月23日の朝9時台でございました。

*過去の畑で体験した思い出日記、ミシシッピアカミミガメはこちら(2011年5月21日)、こちら(2011年10月4日)、こちら(2012年7月25日)。クサガメはこちら(2012年5月3日)。

今思うとクサガメ幼体も今回とほぼ同じ場所で発見したのでもしかしてあのクサガメも孵化した生き残りだったのかも(願望)。もしかしたらイチゴ場所は亀の産卵に人気な何かがあるのかなと思うと結構嬉しい。こじつけ推測ですが(笑)。