タグ別アーカイブ: white radish

★ おいしい冬市2019で出店販売させていただきます。

阪神淡路大震災から24年目を迎えましたね。

想うことたくさんありますが、新たな防災知識に進化する非常食など最新情報を得て周知し合う大切さも日常的に意識していきたいと思います。

昨日、初めて参加させていただいたカフェCHAIRさんのCHAIRマルシェにお越しくださった方、食ッピングいただいた方、イベント情報を口コミくださった方、ありがとうございました。

復路ミカンコンテナの軽さに祝杯をあげる見事なCHAIRマルシェデビュー記念日をいただきました。

阪急伊丹線伊丹駅近すぐ近くのちょっと裏路地にあるカフェCHAIRさんのマルシェは毎月16日に開催されてらっしゃるので、ぜひご都合の合う曜日をチェキラしてお立ち寄りください。

と、ミカンの嬉しい報告ですが写真は、

大根なり。

出店参加のきっかけをくださりカフェCHAIRさんを紹介いただいた天然酵母パンでお馴染みのヒカリノmutsu cafeさん主催のイベントに出店参加させていただくことになりました。

CHAIRマルシェで人気の出店者さんたちも多数参加されます。

会場は当畑もイチジクとミカン販売で非常にお世話になったオクタホームさんです。

オクタ朝市とnikopakuマルシェに所縁ある出店者さんたちが大集結するという。

ムツさんだからこそ為せる業(イベント)ですね。


『 おいしい冬市 2019 』

1月26日(土) 10:00 ~ 15:00

開催場所:兵庫県芦屋市浜風町3-12  Octa.ホーム

Facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/2250971328514317/


ミカン就食活動より食ッピングを楽しむ側になる予感が高まってしゃあない次第。

ご自慢のマイ買い物袋をお忘れなく!

人参「ミカンの写真は?」

大根「おいしい冬市でもミカン販売なんでしょ?」

人参「ミカンの写真は?」

人参「俺の半身は…」

 

広告

★ スーパーマルチビタミン&ミネラル。

あのダイコンたちの今。

よくよく目を凝らしてみれば。

見えてくるマルチビタミン&ミネラルの君。

わずかにいただける、スーパーマルチビタミン&ミネラルな笑い。

ダイコンもどれだけくすぐったいことか。

捻くれようが憂鬱になろうが、ピリ辛く軽妙に心中を推し量ってくれるダイコン場所でございます。

★ 高度プロフェッショナル成果。

お喋り大好き夏ダイコンたち、シロツメクサを巻き込んでの語らい。

こちらでは人間界で今話題の「高度プロフェッショナル制度」についての語らい。

幼くとも辛口がお得意の大根役者たち。

たくさんの語らいがあればこその実り。

豊かな心根のために語らい尽くす辛口ダイコン場所より。

★ 心根に響くセトリ。

img_8842

引き抜き公演で体感する心根を信じ抜く躍動。

img_8843

前座はガラスの心を持つ若手屈指の実力派、

img_8844

黒仮面シンガー。

img_8845

研ぎ澄ませば聞き取れる煽り文句「度肝も抜くぜ」。

img_8846

ニンジンとダイコンをちょびちょび食べ尽くす3月ももう半ば。

3月11日と12日、東日本大震災の特集で、高校生たちの現在を取り上げた記事が特に印象に残りました。

将来の夢は廃炉ロボットをつくることと語っていた高校生に、誌面越しに体温が上がりました。

日々の現実を暮らしながら夢や理想を持てる世界であって欲しいと。

心根を豊かに育てて欲しいと。

img_8847

それでは代表曲で味わってください、♪ ちゃんと元気にお腹空いてるかい? ♪

心根に響く引き抜き一発屋たちのセットリスト中継でした。

★ ✂︎ – – – – -〈 キリトリ 〉- – – – – 。

img_8707

ダイコン場所。

img_8708

ダイコンももれなくぶっちゃぎられましたが、ダイコンへの一気食いにはちょっとした特徴がありまして。

img_8745

ダイコン葉っぱ先端部

✂︎ – – – – -〈 キリトリ 〉- – – – –

ダイコン葉っぱ中間層

ダイコン根っ子のおでこ葉っぱお立ち台

ダイコン根っ子

といった具合です。葉先キューティクルだけ切り取られた模様。

img_8746

ヒヨドリたち食事中のダイコンハムシの心境も気になるし、ヒヨドリたちにはダイコンハムシを気にかけて欲しいし、葉先でまどろんでいたダイコンハムシを一緒に食べてくれたのかどうかも気になります。

ヒヨドリたちを見習い、この執念は切り取って心に刻み(すぐ忘れるけど)、残されたダイコン葉っぱ&根っ子を思う存分楽しみ切るのじゃ。

★ 07:55~08:20。

img_8307

今朝の雪化粧。

img_8308

昨日開催の『むこいこ祭り』報告と本日開催の『みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~』の告知を先にのところですが、更新は夕方以降になりそうです。

img_8299

そんなわけで、先に後追い生中継の雪化粧をお届けします。

img_8300

ほうれん草の雪化粧。

img_8304

にんじんの雪化粧。

img_8301

ダイコンの雪化粧。

img_8305

キャベツの雪化粧。

img_8298

トゥルルンイチジクの雪化粧。

img_8297

今朝07:55~08:20の雪化粧たちでした。

もう少し撮り溜めたかったのですが、霜焼けの足音が聞こえたところで切り上げました。

きっとすぐに溶けるに違いないとの予想を笑うように、9時台にも粉雪が舞った尼崎です。

★ 畑で七草探して七草粥を食そう会2017。

お天気予報が怪しかった1月7日土曜日、天晴れな晴天をいただき、また新たな『畑で七草探して七草粥を食そう会2017』の体験と思い出が誕生いたしました。

集まった七草探索家さんたちと採集できた七草は、

img_8198

スズシロ(大根/Japanese radish)、

img_8200

スズナ(蕪/turnip)、

img_8201

ゴギョウ(cottonweed)、

img_8199

セリ科のニンジン(芹/Japanese parsleyの代用です)、

img_8203

ハコベラ(ハコベ/chickweed)、

img_8204

ホトケノザ(仏座/Lamium amplexicaule)。

現代のホトケノザで代用です。キク科のタビラコは黄色い花です。タビラコ(田平子)を辞書で引くと「キュウリグサのこと」とあり、キュウリグサを調べるとムラサキ科だし花の色も極淡い水色と紫色なんですね。…うむ。やや、ややこしき(笑)。

なんとも言えぬ切なさに似た歯がゆさの残響が抜群に楽しい七草探し、七草探索家としての柔軟性も試される場でもあります。

その年に揃う七草をいただくのが当畑での七草基本姿勢です。

今季は草たちが暖冬で青々と輝いておりましたが、極寒の年には茶茶茶の茶で緑色の草があるかないかの場合もありますもんね(冬なので極寒でないといけないのですが…笑)。

七草探し中、ミミズの糞塊である陶芸作品の鑑賞に盛り上がったり、土壌の痛快話に爆笑したり。もちろん農的話以外でも談笑続きっぱなしの中、七草粥を盛り盛りいただきました♪

img_8210

七草たっぷり過ぎる七草粥2017。

img_8212

タンポポの花やホトケノザの花も散らし、名前存じませんが系の可愛い花や葉をそれぞれの感性で七草粥に添えたり散らしたり。

img_8213

七草粥「♪♪〜どんより溜まった身体の疲れや余分な毒素よさようなら〜♪♪」

大根、蕪、人参のおかげか食事感濃き七草粥となりました♪

img_8214

七草粥のあとは薫り高きお香茶をいただきました。

ミカンの葉、アップルミント少々、ローズマリー極少々のお香茶を、ビワの花に注がれてなんとも気品ある風味漂うお時間。

なんと贅沢なっ!と、あの雑多な畑で過ごすひととき、最高なり(笑)。よく笑いあったので締めは喉への労りキンカン。探索土産はあまあっまミカン。

七草探しの愉快さはやはり探索現場でしか味わえませぬ♪

掴み採られ引っこ抜かれた七草たちだけでなく、畑の作物みんなが耳を澄ましニヤニヤできる時間をいただきまして幸高き。

参加くださった七草探索家のみなさん、ぬくぬくな大笑いをありがうございました!

さて肝心のナズナ(薺/shepherd’s purse、俗称ぺんぺん草)ですが…。今年も不確か過ぎて断念となり、同じアブラナ科の白菜を代用しました。

img_8216

ナズナは春夏によく見るし草刈りでもたくさん刈っているのでどこかしらにいるはずなのですが、根元付近の葉の形を覚えとかねば…と、七草探しの度に呟いているという(笑えない笑)。

こ、今夏こそ、ナズナの葉の存在アリ!という報告をしたいなと白菜を見つめて思う七草探し解散後でございやした。

旧暦なら春の七草が難なく揃うところを、寒さに磨きがかかる1月7日に七草揃えられたことに天晴れ!です☆