タグ別アーカイブ: germination

★ 落胆を重ねてもスイカを。

2018年夏に収穫できたスイカです。

スイカ2018も栽培過程初期1度の日誌で終わっていました。

2018年夏に収穫できたスイカ4個です。

長雨でダメになってしまったスイカは6個でした(小さな傷からの腐食により)。

落胆と同時に、よくぞ4個も残ってくれた!と喜びました。

2018年夏に収穫できたスイカの中の様子。

わぁ、なんて美しい!と喜んだ瞬間。

苗購入からの栽培だと白い部分は厚くなり、種蒔きからの栽培だと白い部分は薄くなるという説は濃厚かもしれない!と思わせてくれた、種蒔きから育てたスイカ2018。

宝箱兼びっくり箱を切り開けるこの瞬間の高揚感は中毒性が非常に高く感じます。

そこからの落胆だったので非常に辛かった。

こんなにもムラなく真っ赤で見るからにおいしそうなスイカ2018。

ところがどっこい。

見事に美味しくなかった…。

4個全て、笑えないほど美味しくなかったのです。

よくもまぁこんなにも甘くないスイカに仕上がったもんだワッハッハッハッ!と笑いたかった…。

そのまま食べるには味気なさすぎたのでスイカジュースやサラダにして食べたりとアレンジは楽しんだんですけども。

何故こんなに美味しくないのかの要因を考えたくても気象条件のせいにしてしまうので、もう考えまいと。

スイカ栽培もスペースとるし辛いしで、もう今年は育てるのやめとこうか。

食べたきゃ他所で買って楽しもうか。

4月まではそう思っていたのですが。

スイカ2019が発芽中。

宝箱兼びっくり箱との高揚感の中毒性は非常に高く、甘く大きな罠から小作はなかなか抜け出せないでいます。

ポットに種を蒔くまでは、う〜ん…う〜ん…と微妙な迷いが渦巻いていましたが、種を蒔き終わったらアラ不思議。

宝箱兼びっくり箱を持ち運びながら重いなぁ〜もぅ〜重いなぁ〜とニヤニヤ文句言う合間とか、とにかく外面をなでなでさすったりペタペタ軽く叩いて愛撫することとか、切り開ける包丁を握ってもったいぶってニマニマする数秒のこととか、中の出来具合に喜怒哀楽することとか、スイカだけで満腹になる贅沢感とか。

そういうことばかり想像するようになります。

やはり落ち込んだ時に複雑な感情とどう転んでいくかが重要なんだと思います。

スイカ2018&2019日誌でございました。

はじまる梅雨と夏、極端ではなくいい塩梅の気象でありますように。

広告

★ 落胆を重ねてもトウモロコシを。

昨年、トウモロコシ日誌が成長途中過程で静寂の彼方となった理由。

たった1mに満たない高さの段階で花が咲いてしまい、大不作だったからです。

通常、低くとも150〜160cmの高さまで伸びて下にヒゲ実を出してから花を咲かせて花粉をヒゲ実に飛ばしてトウモロコシが完成します。

ところが昨年はとんでもなく早い段階で花が咲き散ってしまいました。

花粉を受ける果実がほぼ不在のうちに花粉が舞い散ってしまうとは…。

これではてっぺんの花の花粉がお膝元の果実に花粉を飛散できないじゃないか…。

受粉できないとトウモロコシにならない…。

(2018年のトウモロコシ場所)

私の解釈と推測ではトウ立ちしてしまったのかな、と。

暑い春のあと涼しい梅雨だったので気候の影響かな、と。

トウモロコシのトウ立ちははじめての出来事です。

その後は背丈もあまり伸びることはなく、プラチナに輝く花粉待ちのヒゲを凝視するだけのトウモロコシ場所でした。

(2018年のトウモロコシ)

ほんの僅かに残っていたであろう花粉が届いてくれたトウモロコシ、10本未満。

200以上の種を蒔き(ポット育苗)、180苗を移植し、180本から採れたのが10本に満たず…。

落胆が重なり、宙に浮いていたトウモロコシ2018からの、

トウモロコシ2019がこちら。

5月下旬突入頃に発芽のトウモロコシ2019。

暖春やら冷春やら長雨やら冷夏やら豪雨やら台風やらもううんざり。

もうトウモロコシから手を引くのが無難なのだよきっと。

トウモロコシで泣くのはもう勘弁。

と思っていたのに種を蒔きましたんや。

己の食い意地を新たに恨むのはトウモロコシ2019が終わってからですわな。

昨年は種蒔きやら全般作業が早め早めにできていたので、この春はトウモロコシも遅めに取り掛かりました。

遅め遅めだと作業量の重なりがえげつないので、トレーポット蒔き育苗スタイルではなく畝に直播きしました。

水浸し選別をしてもトウモロコシの種は発芽のムラが激しいので、直播きよりポット蒔きしていましたが、久しぶりの直播きでしんみりさせてくれている「発芽の不揃い」。

こちらが昨日のトウモロコシ2019。

トウモロコシ2019 & 小作「一昨日の雨、嬉しかったね〜!」

雨でうんと伸びました。5〜10cmも伸ばしちゃう雨に笑う。

2粒蒔きしたので、元気なペア組から引き離して空席に移動させていきます。

今日は長瀬、明日は中瀬ですしね。

(長瀬・中瀬は定植や移植へのダメージが少なく根の定着に良いとされる暦)

落胆を重ねても根性次第でこうなってしまう呆れ報告でございました。

★ アメリカねりダンシング。

発芽姿に合う曲調はスローかアップテンポか。

闇社会では夜盗虫が拍手喝采。

胸を張って踊っています。

オクラ場所より。

★ 生姜の日から14日。

スベリヒユの黄色い花が咲き乱れるこの場所は…、

虫の日のイベントで農助(のうすけ)さんたちに雑草引き抜き合戦いただいた生姜場所です。

6月4日から11日後の6月15日は、ショウガの日。

ショウガの日に合わせて報告したかったショウガの発芽姿をご覧いただきたく。

ショウガの日の発芽数はというと。

実際の視野的にはこの距離感覚が近いかな。カラカラ床にニョキっと。

至近距離で見つめると雑に引きちぎられた頭の先っちょがおわかりかと。

雑草に埋もれ紛れる同化の心配はなんのその、雑草色よりかは淡いので意外に目立ちます。

スベリヒユの元気な濃い緑、ショウガの元気な淡い緑(黄)。

「つのだせ やりだせ あたまだしたんで、雨水ください!!」

ショウガたちの気持ち染み入る雨乞い組。

ショウガの日に確認できたショウガの芽姿は4本でございました。

中でもいちばん背の高いこのショウガは深みあるお色で。

日々の精進でこれだけの深みを増していく生涯。

生姜の日から14日、虫の日から25日後。梅雨前線の潤いによりこの通り。

芽の本数はもうすでに、4~5本どろこじゃなくてよ♪

ショウガたち、雨水ゴクゴク元気です。

★ GW最終日にピーナッツ。

ゴールデンウィーク最終日の昨日、一緒に万歳。

ラッカセイたちの自生発芽にこれだけ安堵するのも、きっと出てきてくれるだろうという期待と、どうせ出てくるに違いないという奢りと、今年に限って出てこないかもと気を揉むごっちゃ煮のおかげですね。

長い冬の間に何度か耕耘を繰り返しましたが、幾つか無事だったようで。

頑張りすぎ根、無茶した長さ。

通常の種まき育苗を体験済みだからか、地上を目指し抜いた頑張り根っこの愛おしさ莫大。

渇望した地上の定位置に並んでいただきました。

小作人は雨を渇望中。

夜間にしとしと、まだかな〜。しとしと雨、いつくるかな〜。

★ 瓢箪フロントライン。

2015年に栽培・収穫した瓢箪の種を冷蔵庫で保存していましてね、1年とちょっとぶりに冷蔵庫から取り出して蒔いたところ、お顔を見せてくれました。

二葉の下のアイボリー色のブツが脱ぎ捨てられた種殻です。

ポット蒔きだけじゃなく直播き組もこうしてお目覚め中。

元気に蔓を伸ばすかどうか、花は咲くかどうか、実をつけるかどうか。

試されるヒョウタン最前線。

★ ロロン学習塾。

まずはだね、こうやって頭を上げてだね。

姿勢を正すのです。

すると視野が広がる!

つまり好奇心が伸びる、という結果に食いつけます!

各重要課題を同時進行で実践指導のロロン学習塾。

2017年のかぼちゃはラグビー型の『ロロン』を選抜。

楽しみでござる。